【友遊カード】遊戯王デッキ考察ブログ

遊戯王専門通販サイトの友遊カードです! こちらのブログでは、  遊戯王カードのユニークなデッキの紹介していきます。

デッキNo.140 魔導ガガガチョコ

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第140回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【魔導ガガガチョコ】
魔導ガガガチョコ

上級モンスター 6枚 (2種類)
混沌の黒魔術師 3
ガガガヘッド 3

下級モンスター 10枚 (4種類)
ガガガマジシャン 3
ガガガシスター 3
チョコ・マジシャン・ガール 3
召喚僧サモンプリースト 1

魔法カード 21枚 (10種類)
ハーピィの羽根帚 1
ブラック・ホール 1
死者蘇生 1
ネクロの魔導書 1
魔導書院ラメイソン 2
グリモの魔導書 3
ヒュグロの魔導書 3
ガガガ学園の緊急連絡網 3
ガガガリベンジ 3
黒魔術のヴェール 3

罠カード 3枚 (1種類)
黒魔族復活の棺 3

エクストラデッキ 15枚 (15種類)
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス 1
幻子力空母エンタープラズニル 1
ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン 1
銀河眼の光波竜 1
神竜騎士フェルグラント 1
森羅の守神 アルセイ 1
No.11 ビッグ・アイ 1
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ 1
セイクリッド・トレミスM7 1
風紀宮司ノリト 1
ガントレット・シューター 1
No.61 ヴォルカザウルス 1
No.101 S・H・Ark Knight 1
鳥銃士カステル 1
Emトラピーズ・マジシャン 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【魔導ガガガチョコ】は「魔導」と「ガガガ」を合わせて、
そこにチョコ・マジシャン・ガールと混沌の黒魔術師を採用したデッキになります。

チョコ・マジシャン・ガールでデッキを回しつつ、
ヒュグロの魔導書での攻撃強化や、
黒魔族復活の棺による妨害を行いつつ、
ガガガヘッドやガガガリベンジでX召喚して戦います。
また混沌の黒魔術師で魔法カードを回収するために、
サーチが出来て、使いやすいカードを多く採用しています。
 
《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

混沌の黒魔術師
 使いたかったカードその1。
 出したエンドフェイズ時に、墓地の魔法カードを回収するモンスター。
 闇属性・魔法使い族の為、棺で特殊召喚可能。
 手札に来た場合は、チョコかヴェールで対処。
 本来フィールドから離れると除外されるが、
 ガガマジやネクロでX召喚の素材にすれば、
 除外されずに済む。

ガガガヘッド
 相手にのみモンスターがいる時レベル4として召喚でき、
 召喚時に墓地から「ガガガ」を2体まで特殊召喚する「ガガガ」。
 更にX素材に使うと1ドローが出来る。
 召喚してX召喚しても良し、
 連絡網orリベンジで特殊召喚してX召喚も良し、
 ヒュグロで攻撃力3100で殴るも良し。

ガガガマジシャン
 レベルを1~8まで変更出来る「ガガガ」。
 ガガガヘッド、連絡網、リベンジと併用して、
 X召喚を狙っていく。
 棺で特殊召喚した混黒とX召喚すれば、
 混黒が除外されずに済む。

ガガガシスター
 召喚時に「ガガガ」魔法・罠カードをサーチ出来る「ガガガ」。
 またフィールドの「ガガガ」と自身のレベルを2体の合計に変更出来る。
 ガガマジと組み合わせれば、ランク3~10までX召喚が可能。
 ガガガヘッドで蘇生すれば、ランク8のX召喚が狙える。
 召喚後、棒立ちでも棺で対処可能。

チョコ・マジシャン・ガール
 使いたかったカードその2。
 手札の魔法使い族をコストにドロー出来る「マジシャン・ガール」。
 手札に来た混黒を最も有効に処理出来る。
 また攻撃対象にされた時、墓地の魔法使い族を蘇生出来るので、
 効果で切った混黒の蘇生を狙える。

召喚僧サモンプリースト
 魔法カード1枚でデッキからレベル4モンスターを特殊召喚出来るモンスター。
 ほぼチョコ確保用。
 このモンスターも闇属性・魔法使い族なので、棺対応。

ネクロの魔導書
 墓地の魔法使い族を除外して、
 そのレベル分上げながら魔法使い族を蘇生する「魔導書」装備魔法。
 レベル4を除外して、レベル4を蘇生すれば、
 レベル8になるので、混黒とX召喚が狙える。
 「魔導書」なので、グリモでサーチ可能。

魔導書院ラメイソン
 自分のスタンバイフェイズ時に墓地の「魔導書」をデッキ下に戻して、
 1ドローする「魔導書」フィールド魔法。
 使ったグリモやヒュグロを回収しつつ、
 ドローに変換していく。

ヒュグロの魔導書
 自分の魔法使い族1体を攻撃力1000UPして、
 そのモンスターが戦闘破壊したら、
 「魔導書」をサーチ出来る「魔導書」魔法カード。
 このカードで強化すれば、
 攻撃力2500以下くらいは戦闘破壊出来るようになる。

ガガガ学園の緊急連絡網
 相手にのみモンスターがいる時、
 デッキから「ガガガ」モンスターを特殊召喚する「ガガガ」魔法カード。
 このターン、X召喚しか出来ないが、
 むしろX召喚が出来れば十分。
 ガガガヘッドを特殊召喚して、
 ヒュグロで強化して攻撃するのもアリ。

ガガガリベンジ
 墓地の「ガガガ」モンスターを蘇生する「ガガガ」装備魔法。
 X召喚のサポートが出来る。
 シスターでサーチ可能。
 攻撃力300UPが地味にうれしい。

黒魔術のヴェール
 ライフ1000払って手札か墓地から闇属性・魔法使い族を特殊召喚する魔法カード。
 混黒を蘇生すれば、効果でこのカードで回収出来る。
 チョコで切ったモンスターをこのカードで蘇生すれば、
 展開にも繋がる。

黒魔族復活の棺
 使いたかったカードその3。
 相手の召喚、特殊召喚時にそのモンスターと自分の魔法使い族を墓地に送り、
 デッキ、墓地から闇属性・魔法使い族を特殊召喚する罠カード。
 基本は混黒を特殊召喚して、
 墓地の魔法カードを再利用するのが狙い。
 墓地に魔法が無い序盤には、
 ガガガヘッドやサモプリでもOK。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

魔導書士 バテルの採用
 召喚、リバース時に「魔導書」をサーチ出来る「魔導」モンスター。
 ほしい「魔導書」をサーチ出来るのが非常に便利。
 棒立ち状態も棺でカバー可能。
 地味にグリモでサーチ出来る。

ベリー・マジシャン・ガールの採用
 召喚時にデッキから「マジシャン・ガール」をサーチする「マジシャン・ガール」。
 チョコをサーチする事が出来る数少ないモンスター。
 棒立ち状態も自身の効果や棺で回避可能。

魔導冥士 ラモールの採用
 墓地の「魔導書」の種類で効果を得られる「魔導」モンスター。
 上手くいけば、「魔導書」をサーチしつつ、
 混黒を特殊召喚することも可能。
 ただこのままでは「魔導書」が5種類確保出来ないので、
 墓地の「魔導書」に化ける事が出来るセフェルの魔導書や、
 モンスターに耐性を付けられるトーラの魔導書辺りも採用しよう。
 

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
使いたいカードを詰め込みました!

使いたかったカードは、混黒、チョコ、棺の3セット。
このセットを軸にデッキを考えました。

まず墓地に魔法を回収したいので、
魔法カードをサーチが出来る魔法である
グリモを始めとした「魔導書」を採用。

そして魔法をサーチ出来る上、
闇属性・魔法使い族で構成された
「ガガガ」を採用してデッキをまとめてみました。

使い勝手としては、大量展開や1キルの力はありませんが、
中々楽しい感じにまとめられたと思います。

除去もあり、戦闘強化もあり、
アドも稼げて、デッキ圧縮も出来るという、
いろんな事が出来るデッキだと思います。
よく言えば対応力があり、悪く言えば器用貧乏って感じですね。

最近、使いたいカードをちゃんとデッキとして形に出来ているので、
まだまだ使いたいカードがあるので、
どんどん作っていきたいと思います!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


スポンサーサイト

PageTop

デッキNo.139 SRドラグニティ

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第139回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【SRドラグニティ】
SRドラグニティ

上級モンスター 4枚 (2種類)
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン 1
ドラグニティアームズ-ミスティル 3

下級モンスター 16枚 (6種類)
ドラグニティ-ドゥクス 3
ドラグニティ-レギオン 3
ドラグニティ-ファランクス 3
ドラグニティ-アキュリス 1
SRベイゴマックス 3
SRタケトンボーグ 3

魔法カード 16枚 (10種類)
ハーピィの羽根帚 1
ブラック・ホール 1
おろかな埋葬 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
竜の渓谷 1
森羅の霊峰 1
森羅の施し 3
調和の宝札 3
テラ・フォーミング 3

罠カード 4枚 (2種類)
破壊輪 1
リジェクト・リボーン 3

エクストラデッキ 15枚 (14種類)
琰魔竜 レッド・デーモン・ベリアル 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン 1
スクラップ・ドラゴン 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
琰魔竜 レッド・デーモン 1
閃珖竜 スターダスト 1
ドラグニティナイト-ヴァジュランダ 2
瑚之龍 1
A・O・J カタストル 1
超重剣聖ムサ-C 1
幻影騎士団ブレイクソード 1
トーテムバード 1
聖光の宣告者 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【SRドラグニティ】とは、「ドラグニティ」に「SR」を組み込んだデッキとなります。
従来のドラグニティ-ドゥクスとドラグニティ-ファランクスによる
S召喚の流れに加え、ドラグニティ-レギオンとドラグニティ-アキュリスを
採用することにより、除去性能を上げています。
また効果使用後のドラグニティ-レギオンを有効活用する為に、
SRベイゴマックスとSRタケトンボーグを採用して、
X召喚が行えるようにしました。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
 ドラゴン族デッキと言ったらこのモンスター。
 自分フィールドのドラゴン族を除外して特殊召喚でき、
 手札・墓地のドラゴン族を1体蘇生出来るモンスター。
 S召喚先がほぼドラゴン族なので、
 効果で強力なドラゴン族を確保出来る。

ドラグニティアームズ-ミスティル
 「ドラグニティ」モンスターをコストに手札から特殊召喚でき、
 手札から召喚・特殊召喚時に墓地の「ドラグニティ」を装備する「ドラグニティ」
 棒立ちのレギオンの処理に役立つ。
 またファランクスを装備すれば、
 レベル8のS召喚にまで繋がる。

ドラグニティ-ドゥクス
 「ドラグニティ」に欠かせないモンスターその1。
 召喚時に墓地の「ドラグニティ」を装備出来る「ドラグニティ」。
 ファランクスを装備すればレベル6のS召喚が可能な上、
 ヴァジュランダをS召喚すれば、レベル8のS召喚まで狙える。
 攻撃力UPは完全におまけ

ドラグニティ-レギオン
 召喚時に墓地の「ドラグニティ」を装備でき、
 魔法・罠ゾーンの「ドラグニティ」をコストに、
 相手の表側表示モンスターを破壊する「ドラグニティ」。
 ファランクスを装備すれば、レベル5のS召喚、
 アキュリスを装備すれば、2枚破壊する事が可能。
 棒立ちになったレギオンは、
 ミスティル、ベイゴマックス、タケトンボーグでフォロー。

ドラグニティ-ファランクス
 「ドラグニティ」に欠かせないモンスターその2。
 装備状態の場合、特殊召喚出来る「ドラグニティ」チューナー。
 ミスティル、ドゥクス、レギオン、ヴァジュランダを使用して、
 S召喚を行う為に必須。

ドラグニティ-アキュリス
 装備状態から墓地に送られた場合、
 フィールドのカードを破壊する「ドラグニティ」チューナー。
 レギオンと併用すれば、2枚破壊する事が可能。
 またヴァジュランダで使用すれば、
 カードを破壊しつつ、攻撃力3800で戦闘が出来る。
 因みに戦闘破壊では発動しない

SRベイゴマックス
 自分フィールドにモンスターがいない時、特殊召喚でき、
 召喚・特殊召喚時に「SR」モンスターをサーチ出来る「SR」。
 タケトンボーグをサーチすれば、
 召喚権を使わずにランク3のX召喚が行える。
 また棒立ち状態のレギオンとX召喚や、
 ファランクスとのS召喚にも役立つ。

SRタケトンボーグ
 自分フィールドに風属性がいる時、特殊召喚出来る「SR」。
 ベイゴマックスでサーチすれば、
 召喚権を使わずにランク3のX召喚が行える。
 また棒立ち状態のレギオンとX召喚や、
 ファランクスとのS召喚にも役立つ。

森羅の霊峰
 「森羅」のフィールド魔法。
 完全に森羅の施し用
 フィールド魔法なので、テラフォでサーチ可能。

森羅の施し
 3ドローして、「森羅」カードを含む2枚を
 デッキトップに戻す「森羅」魔法カード。
 テラフォの有効活用をしつつ、ドローで欲しいカードを集める。
 デッキトップ固定は渓谷やテラフォで解消出来る。

リジェクト・リボーン
 相手の直接攻撃時にバトルフェイズを終了させ、
 墓地のチューナーとSモンスターを蘇生する罠カード。
 ヴァジュランダをS召喚すれば、
 何もされなければ、墓地に対象が揃う。
 チューナーとレモンを蘇生すればベリアルをS召喚出来る。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

SR三つ目のダイスの採用
 墓地から除外して相手の攻撃を無効にする「SR」チューナー。
 ベイゴマックスかタケトンボーグと併用すれば、
 レベル6のS召喚かランク3のX召喚が可能となる。
 また墓地で発動する効果なので、
 渓谷でコストにするのに最適である。

ハーピィ・ハーピストの採用
 墓地に送られたエンドフェイズ時に、
 デッキから攻撃力1500以下のレベル4・鳥獣族をサーチするモンスター。
 デッキの要であるドゥクスをサーチする事が出来る。
 渓谷のコストとして墓地に送るのが最適 

ドラグニティの神槍の採用
 デッキから「ドラグニティ」チューナーを装備出来る装備魔法。
 渓谷等が無くてファランクスが確保出来ない事故を避ける事が出来る。
 ただ場合によってはこのカード自体が事故に繋がるので注意。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
個人的にお気に入りの「ドラグニティ」を使いました!
デッキ紹介としてはこれが初めてですが。

今回ドラグニティデッキを組みましたが、
実は使いたかったのは「ドラグニティ」ではなく、
まさかのリジェクト・リボーンを使いたくて組みました。

上でも少し説明しましたが、
ドゥクスからヴァジュランダをS召喚して、
更にヴァジュランダをファランクスを使ってS召喚に繋げれば、
必ず墓地にチューナーとSモンスターが揃うので、
リジェクト・リボーンが使いやすいと考えて組み込んでみました。

あと個人的にレギオン+アキュリスのコンビがお気に入りで、
ただそれをするとレギオンが棒立ちになってしまうので、
ミスティルに加え、ベイゴマックスとタケトンボーグを採用しました。

使い勝手としては、もうそのまんま「ドラグニティ」
ランク3やリジェクトがある以外はもうほぼ「ドラグニティ」と一緒。
ただ従来のドラグニティだと、ドゥクスがいないと始まらないですが、
このデッキの場合はドゥクス無くとも戦う事が出来るので、
その点は他には無い強みだと思います。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.138 弁天サフィラ

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第138回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【弁天サフィラ】
弁天サフィラ

上級モンスター 10枚 (4種類)
竜姫神サフィラ 3
サイバー・エンジェル-弁天- 3
イビリチュア・マインドオーガス 1
ドドドバスター 3

下級モンスター 10枚 (4種類)
マンジュ・ゴッド 3
センジュ・ゴッド 3
オネスト 3
サイバー・プチ・エンジェル 1

魔法カード 17枚 (9種類)
ハーピィの羽根帚 1
ブラック・ホール 1
貪欲な壺 1
リチュアの儀水鏡 1
儀式の準備 1
儀式の下準備 3
祝祷の聖歌 3
祝福の教会-リチューアル・チャーチ 3
テラ・フォーミング 3

罠カード 3枚 (1種類)
奈落の落とし穴 3

エクストラデッキ 15枚 (15種類)
セイクリッド・トレミスM7 1
フォトン・ストリーク・バウンサー 1
ガントレット・シューター 1
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ 1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング 1
SNo.39 希望皇ホープONE 1
No.39 希望皇ホープ 1
No.101 S・H・Ark Knight 1
No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド 1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1
鳥銃士カステル 1
励輝士 ヴェルズビュート 1
フェアリー・チア・ガール 1
ダイガスタ・エメラル 1
フレシアの蟲惑魔 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【弁天サフィラ】は、サイバー・エンジェル-弁天-をリリース要因として採用し、
竜姫神サフィラを儀式召喚して戦うデッキになります。
サイバー・エンジェル-弁天-をリリースすることにより、
儀式デッキには欠かせないマンジュ・ゴッドや、
竜姫神サフィラの戦闘面を強化出来る上、
竜姫神サフィラの効果を発動出来るオネストをサーチ出来るのが強みです。
また祝福の教会-リチューアル・チャーチ、ドドドバスター、イビリチュア・マインドオーガスを
採用する事によって、X召喚の補助やカードの再利用を行います。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

竜姫神サフィラ
 今回の主役。
 儀式召喚時と手札・フィールドから光属性が送られたエンドフェイズに、
 ドロー、ハンデス、墓地回収のどれかを選択出来る儀式モンスター。
 多種のサーチを使用して儀式召喚を行い、
 オネストや奈落による守っていくのが今回の狙い。

サイバー・エンジェル-弁天-
 リリース時にデッキから光属性・天使族をサーチ出来る「サイバー・エンジェル」。
 儀式召喚時のリリース要因として使用する。
 リリースすれば、儀式には欠かせないマンジュをサーチ出来るのが強み。
 オネストをサーチすれば、戦闘面を強化出来る。

イビリチュア・マインドオーガス
 儀式召喚時にお互いの墓地のカードを5枚まで戻せる「リチュア」。
 儀式魔法はリチューアル・チャーチで戻し、
 儀式モンスターはこのカードで戻して、
 サフィラ、弁天を使い回していく。

ドドドバスター
 相手のみモンスターがいる時、手札からレベル4として特殊召喚でき、
 召喚時に墓地の「ドドド」を特殊召喚出来る「ドドド」。
 特殊召喚すれば、マンジュ等とX召喚が可能であり、
 レベル6なので、サフィラの必要レベルを1枚で満たせる。

マンジュ・ゴッド
 召喚時に儀式モンスターをサーチ出来るモンスター。
 儀式デッキには必須と言える。
 光属性・天使族の為、弁天でサーチ可能であり、
 リチューアル・チャーチで特殊召喚も出来る。

センジュ・ゴッド
 召喚時に儀式モンスターか儀式魔法をサーチ出来るモンスター。
 完全にマンジュの下位交換だが、
 手札消費の儀式デッキには少しでもサーチが多い方が有難い。
 こちらも光属性・天使族の為、弁天でサーチ可能であり、
 リチューアル・チャーチで特殊召喚も出来る。

オネスト
 光属性の戦闘時に、
 相手モンスターの攻撃力分、攻撃力を上げるモンスター。
 サフィラを守りつつ、サフィラの効果を発動出来る上、
 サフィラで回収も可能という相性の良さ。
 マンジュ、センジュ同様、光属性・天使族の為、弁天でサーチ可能であり、
 リチューアル・チャーチで特殊召喚も出来る。

サイバー・プチ・エンジェル
 召喚、反転、特殊召喚時にデッキから
 「サイバー・エンジェル」か機械天使の儀式をサーチするモンスター。
 弁天サーチ用。
 リチューアル・チャーチでの蘇生なら、
 墓地の魔法カード2枚とコストも安い上、
 マンジュ、センジュと合わせればレベル6になる。

儀式の準備
 レベル7以下の儀式モンスターをサーチし、
 墓地の儀式魔法を回収出来る魔法カード。
 下準備とは違い、弁天やマインドオーガスもサーチ可能。

儀式の下準備
 儀式デッキの救世主。
 デッキから儀式魔法をサーチして、
 それに書かれた儀式モンスターをデッキ・墓地から加える魔法カード。
 これ1枚でサフィラと儀式が揃えられる。
 弁天やマインドオーガスは無理。

祝福の教会-リチューアル・チャーチ
 魔法カードをコストにデッキから光属性の儀式モンスターか
 儀式魔法をサーチする効果と、墓地の魔法カードをデッキに戻して、
 墓地から枚数と同じレベルの光属性・天使族を蘇生するフィールド魔法。
 サーチとして優秀なだけでなく、
 組成する際に、墓地の魔法カードをデッキに戻せるので、
 魔法カードの使い回しが利くのが素晴らしいところ。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

朱光の宣告者の採用
 手札のこのカードと天使族を墓地に送って、
 相手のモンスター効果を無効にして破壊するチューナー。
 天使族が多いので効果の発動は容易。
 またリチューアルで墓地から組成出来るのも良い。
 光属性・天使族の為、弁天でサーチも可能。
 天使族ではないが、似たようなカードでエフェクト・ヴェーラー幽鬼うさぎも良い。
 そしてどのモンスターもサフィラで回収可能。

古聖戴サウラヴィスの採用
 このカードを手札から捨てて、対象に取る効果を無効にする効果と、
 フィールドのこのカードを手札に戻して、
 相手の特殊召喚を無効にして除外する効果を持つ儀式モンスター。
 朱光の宣告者とは違い、リチューアルでの蘇生や、
 弁天でのサーチはないが、マンジュ、センジュでサーチが可能。
 精霊の祝福を入れておけば、弁天も儀式召喚出来るようになるが、
 このカード自体は儀式召喚するのは難しい

貪欲な瓶の採用
 自分の墓地のカード5枚戻して、1ドローする罠カード。
 使い回しが多いので採用が見込める。
 マインドオーガスと役目は被るので、
 場合によっては入れ替えるのも良い。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
久々に儀式デッキを紹介しました!
下準備のお陰で儀式もかなり使いやすくなって嬉しい限りです。

今回は儀式でもお気に入りのサフィラを使わせて頂きました。
そしてコレクターズパック -閃光の決闘者編-で登場した、
弁天とリチューアル・チャーチを起用してデッキを組んでみました。

回した感想ですが、このデッキはずーっと回していられる。
リチューアル・チャーチとマインドオーガスのお陰で、
キーパーツをデッキに戻せるので、
サーチを多用しても全然問題無いのが強み。

ただ儀式デッキ故に消費も激しいので、
下準備とかが無いとすぐに枯渇するのも事実。

個人的にはドドドバスターがお気に入り
X召喚も儀式のリリースにも起用出来るこのモンスターは、
中々良い働きをしていると思っています。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.137 アンデリゾネーター

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第137回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【アンデリゾネーター】
アンデリゾネーター

上級モンスター 3枚 (1種類)
レッド・ウルフ 3

下級モンスター 20枚 (9種類)
ゾンビ・マスター 3
ゴブリンゾンビ 3
ゾンビキャリア 3
馬頭鬼 2
レッド・リゾネーター 3
シンクローン・リゾネーター 3
ミラー・リゾネーター 1
召喚僧サモンプリースト 1
終末の騎士 1

魔法カード 14枚 (8種類)
ハーピィの羽根帚 1
ワン・フォー・ワン 1
おろかな埋葬 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
闇の誘惑 3
生者の書-禁断の呪術- 3
コール・リゾネーター 3

罠カード 3枚 (1種類)
リビングデッドの呼び声 3

エクストラデッキ 15枚 (種類)
アルティマヤ・ツィオルキン 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
月華竜 ブラック・ローズ 1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン 1
エクスプロード・ウィング・ドラゴン 1
瑚之龍 1
獣神ヴァルカン 1
スターダスト・チャージ・ウォリアー 1
レッド・ライジング・ドラゴン 1
ゴヨウ・プレデター 1
BF-星影のノートゥング 1
ヘル・ツイン・コップ 1
セイクリッド・トレミスM7 1
鳥銃士カステル 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【アンデリゾネーター】は、アンデット族を中心として、
「リゾネーター」でS召喚を狙うデッキになります。
レッド・リゾネーターとゴブリンゾンビのS召喚を軸として戦い、
サーチ、除去を行いながら、馬頭鬼や生者の書-禁断の呪術-で、
更なる展開を狙います。
またそのサポートとしてゾンビ・マスターやシンクローン・リゾネーターを
採用しています。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

レッド・ウルフ
 「リゾネーター」召喚時に特殊召喚出来るモンスター。
 レッド・リゾネーターと併用して使えば、
 レベル8のS召喚、ランク6のX召喚、ツィオルキンの特殊召喚に利用可能。

ゾンビ・マスター
 手札1枚で墓地のアンデット族を特殊召喚出来るモンスター。
 このモンスターだけでS召喚もX召喚も狙える。
 コブゾンの使い回しにも良い。

ゴブリンゾンビ
 墓地に送られると守備力1200以下のアンデット族をサーチするモンスター。
 このデッキではS素材として墓地に送られるのが仕事。
 相棒のチューナーはレッド・リゾネーターやキャリア、
 そのサポートとしてゾンマス、馬頭鬼を採用。

ゾンビキャリア
 手札をデッキトップに戻して蘇生出来るチューナー。
 手軽にチューナーを確保出来るので、
 ゴブゾンのサーチ効果が使いやすくなる。
 サーチ効果が使えれば、トップ固定も気にならない。

馬頭鬼
 墓地から除外して、墓地のアンデット族を特殊召喚するモンスター。
 ゾンマスやゴブゾンの使い回しに最適。

レッド・リゾネーター
 召喚時に手札のレベル4以下のモンスターを特殊召喚する「リゾネーター」。
 ゴブリンゾンビでコーラルをS召喚すれば、
 キャリアや馬頭鬼をコーラルのコストに使える。
 更にレッド・ウルフがいれば、ツィオルキンに繋げる事が可能。

シンクローン・リゾネーター
 Sモンスターがいる時、手札から特殊召喚出来る「リゾネーター」。
 レッド・リゾネーターの使い回しに最適。

ミラー・リゾネーター
 相手にのみエクストラから特殊召喚したモンスターがいる時、
 手札・墓地から特殊召喚出来る「リゾネーター」。
 少ない消費でトリシューラをS召喚する事が可能。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

ユニゾンビの採用
 手札・デッキからアンデット族を送って、
 レベルを上げられるチューナー。
 馬頭鬼やキャリアを墓地に送れるのが最大の強み。
 ただデッキから送った場合はアンデット族しか攻撃出来ないのが難点。

D・D・Rの採用
 除外したモンスターを特殊召喚出来る装備魔法。
 効果を使った馬頭鬼、キャリアや、
 誘惑で除外したモンスターを使い回す事が出来る。
 ツィオルキンでパワー・ツール・ドラゴンを特殊召喚すれば、
 サーチも狙える。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
かなりさっぱりとしたデッキが組み上がりました。
そしてアンデット族が短い間に再登場してしまいました。

今回はアンデット族を使いたかったのではなく、
「リゾネーター」を使いたくてデッキを組みました
個人的な要望があり、その条件を満たしてくれるのが、
アンデット族だったという訳です。

このデッキは簡単に言えば、
リッド・リゾネーター+ゴブゾンでS召喚&サーチ、
そして馬頭鬼、生者の書、リビデ等で更に展開という感じのデッキですが、
その中でも特にやりたかった動きを1つ紹介させて頂きます。

1.レッド・リゾネーター召喚&レッドウルフ、ゴブゾン特殊召喚
アンデリゾネーター01

2.コーラルS召喚&サーチ
アンデリゾネーター02

3.コーラル効果発動
アンデリゾネーター03

4.ツィオルキン特殊召喚&1ドロー
アンデリゾネーター04

という、ちょっとお洒落な動きも出来ます。
ただただ召喚、特殊召喚からのS召喚だけでは、
デッキを回していても飽きてしまうので、
こういった少し凝った動きが出来ると、
回していても楽しいデッキになると思います。

因みに来週分のストックもあります!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.136 蛮族銀河

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第136回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【蛮族銀河】
蛮族銀河

上級モンスター 16枚 (6種類)
銀河戦士 3
フォトン・スレイヤー 3
オーバーレイ・ブースター 3
超量士レッドレイヤー 3
アーティファクト-デスサイズ 3
アーティファクト-モラルタ 1

下級モンスター 7枚 (3種類)
銀河の魔導師 3
アステル・ドローン 3
召喚僧サモンプリースト 1

魔法カード 10枚 (6種類)
ハーピィの羽根帚 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
銀河零式 1
銀河遠征 3
蛮族の狂宴LV5 3

罠カード 7枚 (3種類)
破壊輪 1
アーティファクトの神智 3
リビングデッドの呼び声 3

エクストラデッキ 15枚 (13種類)
迅雷の騎士ガイアドラグーン 1
サイバー・ドラゴン・インフィニティ 1
サイバー・ドラゴン・ノヴァ 1
超量機獣マグナライガー 2
セイクリッド・プレアデス 2
重機王ドボク・ザーク 1
No.61 ヴォルカザウルス 1
始祖の守護者ティラス 1
アーティファクト-デュランダル 1
シャーク・フォートレス 1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1
鳥銃士カステル 1
励輝士 ヴェルズビュート 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【蛮族銀河】は銀河戦士や銀河遠征を利用して、
蛮族の狂宴LV5を使うデッキになります。
使いやすいオーバーレイ・ブースターと超量士レッドレイヤーに、
銀河遠征で特殊召喚出来るフォトン・スレイヤーを使って、
蛮族の狂宴LV5の条件を満たすのが狙いです。

また展開の補助として銀河戦士と銀河の魔導師、
妨害としてアーティファクトの神智、
ランク5のX召喚の補助としてアステルドローンを採用しています。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

銀河戦士
 手札の光属性をコストに特殊召喚でき、
 特殊召喚時に「ギャラクシー」モンスターをサーチ出来る「ギャラクシー」。
 X召喚、蛮族の為の墓地肥やし、手札の腐り解消など、
 多くの場面で活躍が期待出来る。

フォトン・スレイヤー
 Xモンスターがいる時、特殊召喚が出来る「フォトン」。
 主に銀河遠征で特殊召喚する事になるが、
 手札に来てもあまり気にならない。
 レベル5・戦士族の為、蛮族対応。

オーバーレイ・ブースター
 攻撃力2000以上がいる時、特殊召喚出来るモンスター。
 大体のモンスターが攻撃力2000以上なので、
 ほとんど問題なく特殊召喚が可能。
 レベル5・戦士族の為、蛮族対応。
 墓地から除外すると攻撃力が素材×500がアップするが、
 あんまり使わない。

超量士レッドレイヤー
 自分フィールドにモンスターがいない時、特殊召喚でき、
 召喚、特殊召喚時に墓地の「超量」モンスターを回収する「超量」。
 効果で別のレッドレイヤーを回収出来るので、
 常に手札にレッドレイヤーを確保している状態に出来る。
 レベル5・戦士族の為、蛮族対応。

アーティファクト-デスサイズ
 相手ターン中に特殊召喚すると、
 エクストラデッキから特殊召喚出来なくなる「アーティファクト」。
 S、X召喚の展開はこのカードで防ぐ事が可能。
 手札に来たら伏せるか銀河戦士のコストに。

アーティファクト-モラルタ
 相手ターン中に特殊召喚すると、
 相手の表カードを破壊出来る「アーティファクト」。
 相手の行動を妨害するのに最適。
 手札に来たら伏せるか銀河戦士のコストに。

銀河の魔導師
 リリースすると「ギャラクシー」カードをサーチでき、
 自身のレベルを8まで上げられる「ギャラクシー」。
 銀河戦士、銀河遠征のサーチに最適。
 レベルを上げる効果は銀河遠征でも役立つ。

アステル・ドローン
 ランク4、5のX召喚に使える上、
 X召喚時に1ドロー出来るモンスター。
 多くのモンスターがレベル5の為に採用。
 数少ない手札補充要因。

召喚僧サモンプリースト
 手札の魔法1枚でデッキからレベル4モンスターを特殊召喚出来るモンスター。
 ほぼアステル・ドローンサーチ要因。 
 銀河の魔導師もサーチ出来るが、
 あんまりやらない。

銀河零式
 墓地の「フォトン」か「ギャラクシー」を特殊召喚する装備魔法。
 銀河遠征と違い、特に条件もなく、
 尚且つ銀河遠征とも相性が良いのが特徴。
 またノヴァインフィニティをする場合に重宝する。
 「ギャラクシー」カードなので、銀河の魔導師でサーチ可能。

銀河遠征
 フィールドにレベル5以上の「フォトン」か「ギャラクシー」がいる時、
 デッキからレベル5以上の「フォトン」か「ギャラクシー」を特殊召喚出来る魔法カード。
 銀河戦士 → 銀河の魔導師 → 銀河遠征の流れでサーチすれば、
 すぐさまランク5のX召喚に繋ぐ事が可能。

蛮族の狂宴LV5
 今回の目玉カード。
 手札・墓地のレベル5・戦士族を2体まで特殊召喚する魔法カード。
 使ったレッドレイヤーやフォトン・スレイヤーをこのカードで特殊召喚して、
 ランク5のX召喚に繋げるのが狙い。
 また、レッドレイヤーを特殊召喚する事によって、
 マグナライガーのX素材の補充にも使える。

アーティファクトの神智
 デッキから「アーティファクト」モンスターを特殊召喚する罠カード。
 デスサイズかモラルタを特殊召喚して、
 相手の行動を妨害する。
 特殊召喚後はランク5のX召喚に使用。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

サイバー・ドラゴンの採用
 相手フィールドにのみモンスターがいる時、特殊召喚出来るモンスター。
 レベル5・光属性なので、多くのシナジーがある。
 ノヴァの効果が使えるのも利点。
 ただレッドレイヤーと相性は良くない。

霊魂の護送船の採用
 墓地の光属性を除外して特殊召喚出来るモンスター。
 ランク5のX召喚に磨きが掛かる。
 銀河戦士と相性が良い。

深淵のスタングレイの採用
 発動後はレベル5・光属性・雷族・攻1900/守0のモンスターとなる永続罠。
 こちらも更にランク5のX召喚に磨きが掛かる。
 ただ罠の為、展開が遅め。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
またまたお久し振りです。
最近忙しくて、更新出来ず申し訳ない・・・。
ちゃんと来週分もデッキを用意しているので、
今回はこれでご勘弁を・・・。

気を取り直してデッキ召喚に移らせて頂きますが、
今回は蛮族の狂宴LV5を使ったデッキを組みました。
前々から使いたいとは思っていましたが、
今回ようやく形になりました。

蛮族を使うにあたり、
使いやすいレベル5・戦士族を選んだ結果、
最初にレッドレイヤーとオーバーレイ・ブースターを選び、
追加でレベル5の使いやすい銀河戦士とシナジーのある
フォトン・スレイヤーの3種類で組む事になりました。

そして光属性で構築されているので、
同じくレベル5であるアーティファクトで、
守りも固めたといったところです。

使い勝手としては、中々攻めも守りも出来るデッキになったと思います。
ランク5のXモンスターは攻めるだけではなく、
プレアデス、マグナライガー、デュランダルでの妨害も出来る上、
神智まであるので、相手ターンも結構動く事が出来るデッキになりました。

最近作るデッキは自分のターンの事ばっかり考えたデッキだったので、
今回のデッキはいつもと少し違う感じが割りと気に入っています。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

PAGE TOP