【友遊カード】遊戯王デッキ考察ブログ

遊戯王専門通販サイトの友遊カードです! こちらのブログでは、  遊戯王カードのユニークなデッキの紹介していきます。

デッキNo.120.5 聖戦士DDM Ver.2

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第120回目に紹介した【聖戦士DDM】リメイク版です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ確認する事が出来ます。

【聖戦士DDM Ver.2】

上級モンスター 9枚 (3種類)
聖戦士カオス・ソルジャー 3
D・D・M 3
こけコッコ 3

下級モンスター 16枚 (6種類)
ライトロード・アサシン ライデン 3
ライトロード・サモナー ルミナス 1
輝白竜 ワイバースター 3
暗黒竜 コラプサーペント 3
ゾンビキャリア 3
トラブル・ダイバー 3

魔法カード 12枚 (7種類)
ハーピィの羽根帚 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
増援 1
神剣-フェニックスブレード 2
光の援軍 3
D・D・R 3

罠カード 3枚 (1種類)
戦線復帰 3

エクストラデッキ 15枚 (15種類)
琰魔竜 レッド・デーモン・ベリアル 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
琰魔竜 レッド・デーモン 1
閃珖竜 スターダスト 1
PSYフレームロード・Ω 1
ライトロード・アーク ミカエル 1
月華竜 ブラック・ローズ 1
パワー・ツール・ドラゴン 1
瑚之龍 1
氷結界の龍 ブリューナク 1
スターダスト・チャージ・ウォリアー 1
No.61 ヴォルカザウルス 1
シャーク・フォートレス 1
ガガガガンマン 1
デコード・トーカー 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【聖戦士DDM Ver.2】は、D・D・Mと神剣-フェニックスブレードを利用して、
聖戦士カオス・ソルジャーを特殊召喚するデッキになります。
前回に比べて、こけコッコ、トラブル・ダイバー、D・D・R、前線復帰等を採用して、
特殊召喚方法を増やし、S召喚とアドバンス召喚をしやすくしました。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【カードの変更点】
ここの項目では前回採用していたカードと今回新たに採用したカードを紹介します。

OUT 15枚 (7種類)
魔界発現世行きデスガイド 3
ライトロード・サモナー ルミナス 2
フォトン・スラッシャー 2
終末の騎士 1
彼岸の悪鬼 スカラマリオン 1
ソーラー・エクスチェンジ 3
リビングデッドの呼び声 3
エクストラデッキ 9枚
氷結界の龍 トリシューラ 1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン 1
獣神ヴァルカン 1
レッド・ワイバーン 1
TG ハイパー・ライブラリアン 1
ラヴァルバル・チェイン 1
ライトロード・セイント ミネルバ 1
虚空海竜リヴァイエール 2

IN 12枚 (6種類)
こけコッコ 3
トラブル・ダイバー 3
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
光の援軍 1
D・D・R 3
戦線復帰 3
エクストラデッキ 9枚
PSYフレームロード・Ω 1
パワー・ツール・ドラゴン 1
瑚之龍 1
氷結界の龍 ブリューナク 1
スターダスト・チャージ・ウォリアー 1
No.61 ヴォルカザウルス 1
シャーク・フォートレス 1
ガガガガンマン 1
デコード・トーカー 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【変更したカードの役割】
こけコッコ
 条件によってレベル3or4で特殊召喚できるチューナー。
 S召喚に利用できるだけでなく、
 アドバンス召喚にも活用可能。
 特にDDMをアドバンス召喚すれば、
 効果で特殊召喚した後に、
 ランク5のX召喚にまで繋げる事が出来る。

トラブル・ダイバー
 相手にモンスターが存在し、自分フィールドにレベル4がいる時、
 特殊召喚できるモンスター。
 闇属性がガッツリ消えてしまったので、
 補充の意味も込めて採用。
 戦士族なので、神剣のコストになる。
 他にもS召喚や聖戦士のアドバンス召喚にも役立つ。

D・D・R
 手札1枚で除外されたモンスターを特殊召喚する装備魔法。
 言わずと知れた神剣と相性抜群なカード。
 DDMと違い、アドバンス召喚の必要もなく、
 コストも自由なので使い勝手が良い。
 装備魔法なので、パワツでサーチ可能。

戦線復帰
 墓地のモンスターを守備表示で特殊召喚する罠カード。
 前回はリビデを採用していたが、
 リビデがフィールドに残るとこけコッコの邪魔になるので、
 通常罠である此方に変更。
 相手ターン中に聖戦士を特殊召喚するのが強力。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
久々にリメイク版を紹介させて頂きました。
1年半前のデッキなので、かなり制限が変わっているので、
必然とデッキの内容も変わってくるというものです。

変更内容としては、全部特殊召喚に関わるのも
これによって聖戦士のアドバンス召喚も特殊召喚もしやすくなりました。
特にDDRは召喚権を使わないDDMみたいなものなので、
かなり動きやすくなったと思います。

このデッキで一番大きな影響を受けたのは、やはりマスタールール4
このデッキはベリアルからの更なる展開を狙えたのですが、
マスタールール4によってほぼ不可能に。
一応デコードを入れていますが、
デコードを作りつつ、ベリアルも出すのはかなりの困難。
非常に残念です。

しかしこのデッキはその点だけ目を瞑れば、
基本はSモンスター+聖戦士という形になるので、
マスタールール4の影響は思ったよりはないのかもしれません。
さっきと言ってることが全然違いますがお気にせず

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


スポンサーサイト

PageTop

デッキNo.154 幻想デーモン

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第154回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【幻想デーモン】

上級モンスター 12枚 (4種類)
ブラック・マジシャン 3
幻想の見習い魔導師 3
デーモンの将星 3
D-HERO ディアボリックガイ 3

下級モンスター 11枚 (5種類)
トリック・デーモン 3
デーモンの騎兵 1
ゾンビキャリア 3
終末の騎士 2
ダーク・グレファー 2

魔法カード 11枚 (6種類)
ハーピィの羽根帚 1
おろかな埋葬 1
増援 1
貪欲な壺 1
大欲な壺 3
闇の誘惑 3

罠カード 6枚 (2種類)
デーモンの雄叫び 3
ゴブリンのやりくり上手 3

エクストラデッキ 15枚 (15種類)
彼岸の巡礼者 ダンテ 1
迅雷の騎士ガイアドラグーン 1
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ 1
セイクリッド・トレミスM7 1
永遠の淑女 ベアトリーチェ 1
ファトン・ストリーク・バウンサー 1
ガントレット・シューター 1
甲虫装機 エクサビートル 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
PSYフレームロード・Ω 1
瑚之龍 1
氷結界の龍 ブリューナク 1
スターダスト・チャージ・ウォリアー 1
電影の騎士ガイアセイバー 1
デコード・トーカー 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【幻想デーモン】は「デーモン」を主軸として、
サポートとして幻想の見習い魔術師を採用したデッキとなります。
幻想の見習い魔術師、D-HERO ディアボリックガイ、
デーモンの将星等でレベル6モンスターを揃えて、
ランク6のXモンスターで戦います。

また闇属性を落とせる終末の騎士とダーク・グレファー。
D-HERO ディアボリックガイやゾンビキャリアを使い回せる大欲な壺、
D-HERO ディアボリックガイやブラック・マジシャンをデッキに戻せる
ゾンビキャリアとゴブリンのやりくり上手を採用。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

ブラック・マジシャン
 魔法使いとしては、攻撃力・守備力ともに最高クラスの通常モンスター。
 完全に見習い魔導師用。
 サーチ後は、誘惑やダグレで処理。
 手札に来過ぎた場合は、キャリアややりくりで対処。

幻想の見習い魔導師
 手札1枚で特殊召喚して出来るモンスター。
 召喚・特殊召喚後はブラック・マジシャンをサーチ出来る。
 手札のディアボやキャリア等を送れるのが優秀。
 攻撃力UP効果はほとんど使わない。

デーモンの将星
 特殊召喚効果とアドバンス召喚時に釣り上げ効果を持つ「デーモン」。
 トリック・デーモンやデーモンの騎兵を破壊出来たり、
 見習い魔導師やディアボでアドバンス召喚が狙える。
 アドバンス召喚後はランク6のX召喚に常ゲル事が出来る。
 「デーモン」カードなので、トリック・デーモンでサーチ可能。 

D-HERO ディアボリックガイ
 墓地から除外して、デッキからディアボを特殊召喚する「D-HERO」。
 見習い魔導師、終末、おろか等で墓地に落とすのが理想。
 特殊召喚後はS召喚やX召喚に使用。 
 手札に来過ぎた場合は、キャリアややりくりで対処。

トリック・デーモン
 戦闘・効果で墓地に行くと、
 「デーモン」カードをサーチ出来る「デーモン」。
 おろか、終末、ベアトリーチェで墓地に送って、
 手札にデーモンを確保していく。

デーモンの騎兵
 効果破壊時に墓地の「デーモン」を特殊召喚できる「デーモン」。
 将星で破壊して、効果で将星を特殊召喚して、
 ランク6のX召喚にまで繋げるのが理想。
 蘇生に制限はないので、スカーライトも蘇生可能。
 「デーモン」カードなので、トリック・デーモンでサーチ可能。 

ゾンビキャリア
 手札をデッキトップに戻して、
 墓地から特殊召喚するチューナー。
 手札をデッキトップにおけるので、
 来過ぎたブラック・マジシャンやディアボを戻せる。
 デッキトップの固定は、
 見習い、ディアボ、終末、大欲なので対処。

終末の騎士
 デッキの闇属性モンスターを墓地に落とせるモンスター。
 ディアボ、トリック・デーモン、キャリア等を落とせるのが優秀。
 ダグレとは違い、コスト無く墓地へ送れるのが優秀。
 効果使用後はレベル6のS召喚にでも。

ダーク・グレファー
 こちらも闇属性モンスターを墓地に落とせるモンスター。
 終末とは違い、手札の闇属性モンスターが必要だが、
 起動効果なので、自分のタイミングで効果を発動出来る。
 手札にディアボかキャリアがいれば、
 レベル6のS召喚からランク6のX召喚にまで繋げられる。
 一応手札のレベル5以上の闇属性をコストにして、
 特殊召喚する事も出来る。

大欲な壺
 実は一番使いたかったカード。
 除外されたモンスター3枚をデッキに戻して1ドローする速攻魔法。
 ディアボやキャリアをデッキに戻して使い回せるのが優秀。
 一応相手の妨害にも使うことが出来るかも。

デーモンの雄叫び
 墓地の「デーモン」を蘇生する「デーモン」罠カード。
 このカードでトリックや騎兵を蘇生して、
 将星の破壊対象を確保する。
 蘇生制限はないのでスカーライトも蘇生可能。
 アドバンス召喚に使えないのが残念。
 「デーモン」カードなので、トリック・デーモンでサーチ可能。

ゴブリンのやりくり上手
 墓地のやりくりの枚数+1ドローして、
 手札1枚をデッキ下に戻す罠カード。
 手札に来たブラマジやディアボに戻すのに使える。
 最初の1枚目はアド損なので、
 見習いやベアトで落とすとよい。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

永遠の魂の採用
 手札・墓地のブラマジを特殊召喚できる永続罠。
 使い道のないブラマジに役割を持たせることが出来る。
 特殊召喚後は火力の底上げだけでなく、
 将星のリリース要因にもなる。
 ただ破壊された後は大変なことになるので注意

守護神官マハードの採用
 ドローすると特殊召喚出来るモンスター。
 戦闘・効果破壊時にブラマジを特殊召喚出来るので、
 此方もブラマジに役割を持たせる事が出来る。
 上記のカードと組み合わせば、
 ランク7のX召喚も狙える。
 闇属性との戦闘で大活躍も期待出来る。 

エキセントリック・デーモンの採用
 魔法・罠カードを破壊するP効果と、
 モンスターを破壊する効果を持つ「デーモン」Pモンスター。
 モンスター効果もP効果も使いやすいだけでなく、
 召喚権を使わずに将星を特殊召喚できるもの良い点。
 雄叫びで特殊召喚するとリリースできないので注意
 まぁそんな状況ないと思うけど。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
6月最初の投稿になります。
週1更新が守れていないのが悔しいです。。。。

このデッキは新作というより、No.143 幻想花札衛のリメイクなのですが、
もはや「花札衛」を一切採用していないので、
デッキ名に矛盾が生じる為、新デッキとして紹介させて頂きました。

このデッキは割と前からあったのですが、
新ルールの煽りを受けたデッキの1つだと思います。
本来SモンスターとXモンスターが並んだりするデッキでしたが、
Lモンスターをかませないと展開できなくなったので、
展開力が落ちてしまいました。
てか、早く汎用リンク2モンスター出してくれ。
プロキシー・ドラゴンではダメなんだ・・・。

使い勝手としては、落ち着いたデッキに仕上がりました。
基本事故もなく凶悪な動きもしませんが、
毎ターン毎ターン淡々と処理していくデッキといった感じですかね。
ただディアボ、見習い、大欲あたりが揃ってくると、
急に展開できるようになるので中々侮れないデッキだと思います。

あとこのデッキは地味に遊戯っぽいデッキになってるのがお気に入り。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.153 魔装眷竜

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第153回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【魔装眷竜】

上級モンスター 6枚 (2種類)
覇王門零 3
覇王門無限 3

下級モンスター 18枚 (9種類)
覇王眷竜ダークヴルム 3
魔装戦士 ドラゴディウス 3
魔装戦士 ドラゴノックス 3
DDリリス 3
終末の騎士 2
召喚僧サモンプリースト 1
魔界発現世行きデスガイド 1
彼岸の悪鬼 スカラマリオン 1
エッジインプ・シザー 1

魔法カード 16枚 (8種類)
ハーピィの羽根帚 1
おろかな埋葬 1
増援 1
錬装融合 1
闇の誘惑 3
召魔装着 3
イグナイト・リロード 3
テラ・フォーミング 3

罠カード 0枚 (0種類)
なし

エクストラデッキ 15枚 (12種類)
覇王眷竜スターヴ・ヴェノム 1
幻獣機ドラゴサック 1
No.11 ビッグ・アイ 1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング 1
No.39 希望皇ホープ 1
No.41 泥睡魔獣バグースカ 1
覇王眷竜ダークリベリオン 2
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1
鳥銃士カステル 1
ファイアウォール・ドラゴン 1
デコード・トーカー 3
電影の騎士ガイアセイバー 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【魔装眷竜】は覇王眷竜ダークヴルムを軸として、
召魔装着を利用して、リンク召喚とX召喚で戦うデッキとなります。
このデッキの最終的な動きとして、
デコード・トーカーと覇王眷竜ダークリベリオンを並べて、
覇王眷竜ダークリベリオンの効果で、
デコード・トーカーのリンク先に「覇王門」を2体並べて、
相手ターンを守り抜くのが狙いです。

覇王眷竜ダークリベリオンは覇王眷竜ダークヴルムと召魔装着、
デコード・トーカーはエッジインプ・シザーやP召喚等で素材を揃える。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

覇王門零
 Pゾーンの覇王門無限と一緒に破壊して、
 「融合」or「フュージョン」魔法カードをサーチするP効果を持つ「覇王門」Pモンスター。
 ヴルムで簡単にサーチ可能。
 モンスター効果は使わない。

覇王門無限
 スケール13という最大のスケールを持つ「覇王門」Pモンスター。
 スケール13だが、自分フィールドにモンスターがいる時、
 P召喚できない
ので注意。
 此方もヴルムでサーチ可能。
 こちらもモンスター効果は使わない。

覇王眷竜ダークヴルム
 このデッキの核となるカード。
 Pゾーンが空いている時、デッキから「覇王門」を置けるP効果と、
 召喚・特殊召喚時に「覇王門」をサーチする効果を持つPモンスター。
 更にフィールドにモンスターがいない時、墓地から特殊召喚できるので、
 うまくいけば毎ターン「覇王門」をサーチすることが可能。
 因みにやりたい動きの為には、ヴルム+零でスケール張るのが理想

魔装戦士 ドラゴディウス
 相手に破壊された時、エンドフェイズに攻撃力1500の戦士族をサーチする効果と、
 手札1枚で相手の攻守半分にするP効果を持つ「魔装戦士」Pモンスター。
 基本的にP効果は使わずに、
 召魔装着の効果で特殊召喚する用に使う。

魔装戦士 ドラゴノックス
 手札1枚で墓地の攻撃力2000以下の戦士or魔法使い族をセットする効果と、
 攻撃時にバトルフェイズ終了させるP効果を持つ「魔装戦士」Pモンスター。
 ドラゴディウスとは違い、闇属性なので、
 眷竜ダベリオンのX素材になれるのが大きな差。
 スケール7なので、Pスケールとして使用する場合もあり。
 たまにモンスター効果も使う。

DDリリス
 召喚・特殊召喚時に墓地の「DD」モンスターを回収出来る「DD」。
 墓地にリリスがいれば、毎ターンリリスを召喚する事が可能。
 ヴルムのP効果使用後でも、P召喚できるのも良い点。
 3枚目のリリスは誘惑や召魔装着のコストにでも。

終末の騎士
 デッキから闇属性モンスターを墓地に送れるモンスター。
 このデッキに欠かせないヴルムや、
 リリス、スカラマリオンなどを落とす為に採用。
 一応ドラゴディウスでサーチ可能。

召喚僧サモンプリースト
 手札の魔法1枚でデッキからレベル4モンスターを特殊召喚するモンスター。
 このデッキに欠かせないヴルモを確保しつつ、
 ランク4のX召喚に繋げられる。
 闇属性なので、ヴルムのP効果使用後でもP召喚可能。

魔界発現世行きデスガイド
 召喚時にデッキからレベル3モンスターを特殊召喚するモンスター。
 エッジインプ・シザーの確保に加え、
 リンク召喚の素材として活用できる。
 ランク3のX召喚も出来るが、採用していない。

彼岸の悪鬼 スカラマリオン
 墓地に送られたエンドフェイズ時に、
 デッキからレベル3・闇属性・悪魔族をサーチ出来る「彼岸」。
 エッジインプ・シザーの確保に使用。
 墓地の送り方として、ガイドで持ってきてリンク召喚に使用、
 終末で送る、召魔装着のコストなど。 

エッジインプ・シザー
 地味に大事なモンスター。
 手札1枚で墓地から特殊召喚できる「エッジインプ」。
 リンク召喚に必要なモンスターを毎ターンこのカードで確保出来る。
 手札に来た「魔装戦士」や「覇王門」をデッキに戻せるのも良い点。
 デッキトップ固定は召魔装着等で回避。

錬装融合
 墓地にある時、デッキに戻して1ドロー出来る魔法カード。
 覇王門零の効果でサーチする為に採用。
 サーチ後は召魔装着のコストにして効果でデッキに戻せば、
 再度覇王門零の効果でサーチが出来る。

召魔装着
 これもこのデッキに欠かせないカード。
 手札1枚でデッキから「魔装戦士」を特殊召喚するフィールド魔法。
 このカードでドラゴノックスを確保して、
 眷竜ダベリオンのX召喚を狙う。
 眷竜ダベリオンがX召喚できない時はドラゴディウスを使う。

イグナイト・リロード
 手札のPモンスターをデッキに戻して、
 戻した数+1枚ドローする速攻魔法。
 「覇王門」や「魔装戦士」を戻して、
 ヴルムと召魔装着の対象を絶やさないようにする。
 「イグナイト」と書いてあるが、別に「イグナイト」は関係ない

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

ゾンビキャリアの採用
 手札1枚で墓地から特殊召喚できるチューナー。
 エッジインプ・シザーとは違い、
 効果使用後は除外されてしまうが、
 チューナーなのでS召喚が可能となる。
 終末や召魔装着で落とすと良い。

魔装邪龍 イーサルウェポンの採用
 モンスター効果、P効果ともに除外効果を持つPモンスター。
 召魔装着でサーチが可能。
 P召喚も出来るが、アドバンス召喚も問題なく出来る。
 P効果は優秀だが、Pスケールが優秀じゃない。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
久々に2週連続でデッキ紹介します!
最近は結構使いたいカードが多いので、
デッキを考える時間が多くなりました!

このデッキは最初にヴルムと眷竜ダベリオンが強いと思い、
うまいこと使おうと考えた結果、「魔装戦士」と組み合わせることにしました。

このデッキは簡単に説明すると、覇王門をエクストラデッキに送ったり
下準備が色々必要ですが、最終的にデコードと眷竜ダベリオンで攻めた後に、
デコードのリンク先に眷竜ダベリオンの効果で覇王門2体を並べるデッキです。
こうする事で、デコードで対象を取る効果を2回無効にしようという考えです。

使い勝手としては、眷竜ダベリンオンの強さが気持ちいい!
決まれば普通に4000以上のダメージを持っていくので、
単純計算で2回くらい通れば勝つというのが素晴らしい。
しかも相手ターンでは対象効果2回無効かつ、
攻撃力3300のデコードが立っているので、中々の壁性能。
モンスター3体いるというだけでも十分な守りだと思います。

しかし上の状態になる前に決着が着くこともちょこちょこと。。。
眷竜ダベリンオンの火力様様ですね。

まぁ結構面白い形で使いたいカードを使えたと思います。
今後ももっともっとデッキ紹介していければと思います!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.152 ファントムライロ

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第152回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【ファントムライロ】

上級モンスター 0枚 (0種類)
なし

下級モンスター 21枚 (7種類)
幻影騎士団ダスティローブ 3
幻影騎士団サイレントブーツ 3
幻影騎士団ラギッドグローブ 3
ライトロード・サモナー ルミナス 3
ライトロード・メイデン ミネルバ 3
音響戦士ギータス 3
音響戦士ピアーノ 3

魔法カード 13枚 (7種類)
ハーピィの羽根帚 1
おろかな埋葬 1
異次元からの埋葬 1
増援 1
光の援軍 3
ソーラー・エクスチェンジ 3
タンホイザーゲート 3

罠カード 6枚 (2種類)
幻影騎士団ミストクロウズ 3
幻影霧剣 3

エクストラデッキ 15枚 (14種類)
永遠の淑女 ベアトリーチェ 1
ガントレット・シューター 1
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ 1
No.98 絶望皇ホープレス 1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1
幻影騎士団ブレイクソード 2
彼岸の旅人 ダンテ 1
虚空海竜リヴァイエール 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
瑚之龍 1
獣神ヴァルカン 1
メタファイズ・ホルス・ドラゴン 1
氷結界の龍 ブリューナク 1
デコード・トーカー 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【ファントムライロ】は「ライトロード」の墓地肥やし効果を利用して、
「幻影騎士団」を墓地に送り、アドバンテージを稼ぎつつ戦うデッキとなります。
光の援軍やソーラー・エクスチェンジで墓地を肥やしつつ、
「幻影騎士団」でアドバンテージを稼ぎ、
最終的にはレベル6のS召喚orランク3のX召喚で戦います。
また、S召喚とX召喚の補助として音響戦士ギータス、
X召喚の幅を増やす為のタンホイザー・ゲートを採用しています。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

幻影騎士団ダスティローブ
 墓地から除外すると「幻影騎士団」カードをサーチ出来る「幻影騎士団」。
 このカードだけでほぼすべての「幻影騎士団」系のカードがサーチ可能。

幻影騎士団サイレントブーツ
 墓地から除外すると「ファントム」魔法・罠をサーチ出来る「幻影騎士団」。
 手札補充のミクトクロウズと妨害の霧剣をサーチ出来るのが優秀。
 「幻影騎士団」がいる時、手札から特殊召喚できるので、
 X召喚にも重宝する。

幻影騎士団ラギッドグローブ
 墓地から除外すると「幻影騎士団」or「ファントム」魔法・罠を墓地に送れる「幻影騎士団」。
 ダスティローブかサイレントブーツを墓地に送れば、
 ほぼ全ての「幻影騎士団」or「ファントム」魔法・罠をサーチ出来る。
 X召喚時の1000UPも戦闘面で役に立つ。

ライトロード・サモナー ルミナス
 手札1枚で墓地の「ライトロード」を特殊召喚できる「ライトロード」。
 「幻影騎士団」をコストにミネルバを蘇生すれば、
 SorX召喚+サーチが出来るので無駄が無い。

ライトロード・メイデン ミネルバ
 「ライトロード」のチューナー。
 効果自体には特別意味はないが、
 「ライトロード」のレベル3・チューナーという事で採用。
 墓地送り効果がたまに役に立つ

音響戦士ギータス
 手札1枚でデッキの「音響戦士」を特殊召喚できるP効果と、
 召喚時に墓地の「音響戦士」を特殊召喚できる効果を持つ「音響戦士」。
 ルミナスと同様、「幻影騎士団」をコストにすれば、
 SorX召喚+サーチが可能。
 召喚するだけでもSorX召喚が出来るのが優秀。
 攻撃力1000以上なのでタンホイザーには使えない

音響戦士ピアーノ
 種族を変えられる「音響戦士」チューナー。
 基本はギータスのお供だが、種族を変えられるので、
 ほぼ全てのモンスターとタンホイザーできるのがポイント。

タンホイザーゲート
 一番のこだわりポイント。
 攻撃力1000以下の同じ種族のモンスター2体のレベルを、
 2体のレベルの合計にする魔法カード。
 「幻影騎士団」同士や「ライトロード」同士で使用可能。
 またピアーノが種族を変えられるので、
 ほぼ全てのモンスターとタンホイザー可能。 

幻影騎士団ミストクロウズ
 除外されている「幻影騎士団」モンスターを手札に加える「ファントム」罠カード。
 ギータスやルミナスの手札コストの確保や、
 サイレントブーツを加えてX召喚を狙う事が可能。
 墓地効果も霧剣と組み合わせれば、
 次ターンでX召喚にまで繋げる事が出来る。

幻影霧剣
 対象モンスターを効果無効・攻撃不可・攻撃対象不可にする「ファントム」永続罠。
 相手の展開や攻撃を妨害できるので優秀。
 対象モンスターへの攻撃は出来ないので、
 その後の処理も忘れずに。
 墓地効果で墓地の「幻影騎士団」を蘇生出来るので、
 SorX召喚に役立てる事が可能。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

幻影騎士団フラジャイルアーマーの採用
 墓地から除外すると手札の「幻影騎士団」or「ファントム」魔法・罠をコストに
 1ドロー出来る「幻影騎士団」。
 デッキの回転力の向上が期待できる。
 ただこのモンスターはレベル4なので、
 X召喚には利用できない。

ライトロード・アサシン ライデンの採用
 任意で墓地肥やしが出来る「ライトロード」チューナー。
 レベル4チューナーなので、レベル7のS召喚が可能となる。
 ただエクストラの枠がかなりきつい

マスマティシャンの採用
 召喚時にレベル4以下のモンスターをデッキから落とせるモンスター。
 「幻影騎士団」を送れば、狙ったカードをサーチが可能。
 戦闘破壊されると1ドローも地味に嬉しい効果

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
いっつも説明が遅れてしまい申し訳御座いません!
しかもお前の明日って何日後なんだ。。。。

気を取り直して【ファントムライロ】の事ですが、
最近、「幻影騎士団」を使いたくなって、
それとは別に「ライトロード」も使いたいなぁと思い、
その結果、もう混ぜちゃうかという感じでこのデッキを作りました。

狙いとしては「ライトロード」で墓地を肥やして、
「幻影騎士団」で手札を補充する、といった感じです。
「幻影騎士団」でアドバンテージを稼ぎつつ、
SorX召喚で戦うのが狙いです。

使い勝手としては、中々の安定感なのですが、
少し感じる火力不足感
デッキの構成上、ランク3Xモンスターとレベル6Sモンスターで戦うことになるのですが、
どうも派手さが足りない

シンクロ!エクシーズ!相手ターンは霧剣で妨害!
またシンクロ!エクシーズ!
みたいな感じで戦うのですが、コレが思ったより地味
アドバンテージを稼ぎやすいので安定して戦えますが、
なーんか地味

しかしこのデッキは個人的にはまだ未完成
なぜなら今後リンクモンスターが増えていけばかなり変わるデッキだと思います!
今後どんなリンクモンスターが追加されるのかは分かりませんが、
モンスターを並べるだけなら優れているので、
場合によってはかなり化けるデッキだと信じています!

まぁそうなったらエクストラが本気できついんですけどね!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.151 真竜ヴォルカニック

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第151回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【真竜ヴォルカニック】

上級モンスター 6枚 (2種類)
真竜皇アグニマズドV 3
真竜皇リトスアジムD 3

下級モンスター 20枚 (8種類)
ジェムナイト・ガネット 3
ヴォルカニック・ロケット 3
ヴォルカニック・バックショット 3
ヴォルカニック・バレット 3
炎帝近衛兵 3
レスキューラビット 3
H・C サウザンド・ブレード 1
グローアップ・バルブ

魔法カード 8枚 (6種類)
ハーピィの羽根帚 1
ブラック・ホール 1
おろかな埋葬 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
手札断殺 3

罠カード 6枚 (2種類)
ブレイズ・キャノン・マガジン 3
幽麗なる幻滝 3

エクストラデッキ 15枚 (14種類)
真竜皇V.F.D 2
幻子力空母エンタープラズニル 1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング 1
No.39 希望皇ホープ 1
No.101 S・H・Ark Knight 1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1
鳥銃士カステル 1
ダイガスタ・エメラル 1
天穹覇龍ドラゴアセンション 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
浮鵺城 1
A・O・J カタストル 1
ナチュル・ビースト 1
ミセス・レディエント 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【真竜ヴォルカニック】は、真竜皇アグニマズドVと真竜皇リトスアジムDを
「ヴォルカニック」に採用したデッキになります。
デッキを炎属性と地属性をメインとして組み、
ヴォルカニック・バレットやH・C サウザンド・ブレードで、
「真竜」のコストを確保して闘うデッキとなります。
後は、「真竜」のコストにもS召喚にもつかえるグローアップ・バルブ、
X召喚に繋げつつ、炎帝近衛兵のコストを確保出来る
レスキューラビットなどを採用。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

真竜皇アグニマズドV
 手札・フィールドの炎属性込み2体を破壊して特殊召喚でき、
 炎属性2体の場合、相手のフィールド・墓地のモンスターを除外できる「真竜」モンスター。
 バレットや使い終わった近衛兵やロケットを使って特殊召喚する。
 破壊されると墓地の炎属性以外の幻竜族を回収出来るので、
 リトスアジムの回収が可能。

真竜皇リトスアジムD
 手札・フィールドの地属性込み2体を破壊して特殊召喚でき、
 地属性2体の場合、相手のエクストラデッキの
 モンスター3種類まで除外できる「真竜」モンスター。
 サウザンドブレートやバルブ、手札に来てしまったガネットをコストに特殊召喚する。
 またこのカードかアグニマズドでこのカードを破壊すれば、
 効果でアグニマズドを蘇生出来るので、
 そのままランク9のX召喚が狙える。

ジェムナイト・ガネット
 「ジェムナイト」通常モンスター。
 通常モンスターなのでラビットで特殊召喚でき、
 炎属性なので、近衛兵で回収可能。
 手札で腐った時は、「真竜」のコストにでも。

ヴォルカニック・ロケット
 召喚・反転・特殊召喚時に「ブレイズ・キャノン」カードをサーチする「ヴォルカニック」。
 バレットやバックショットを墓地へ送れるマガジンをサーチ可能。
 効果使用後は、サウザンドブレードとX召喚や、
 「真竜」のコストにでも。

ヴォルカニック・バックショット
 500ダメージと相手モンスター全破壊を備えた「ヴォルカニック」。
 マガジンの効果で墓地に送れば、
 1500ダメージ+相手モンスター全破壊という強力さ。
 墓地に3体も炎族が溜まるので近衛兵とも相性が良い。

ヴォルカニック・バレット
 墓地にいる時、ライフ500でバレットをサーチ出来る「ヴォルカニック」。
 断殺やマガジンで墓地に送って効果を使いつつ、
 近衛兵のコスト確保に利用する。
 「真竜」のコストとしても活躍する。

炎帝近衛兵
 墓地の炎属性4体をデッキに戻して2ドローするモンスター。
 バックショット、バレット、ガネットを回収して使い回すのが狙い。
 効果使用後は、サウザンドブレードとX召喚や、
 「真竜」のコストにでも。

レスキューラビット
 自身を除外して、デッキからレベル4以下の
 同名通常モンスター2体を特殊召喚するモンスター。
 通常モンスターはガネットだけだが、
 近衛兵でデッキに戻せば、2体目以降も問題なく使用できる。

H・C サウザンド・ブレード
 ダメージを受けると墓地から攻撃表示で特殊召喚できる「H・C」。
 うまくいけば毎ターン確保出来るので、
 X召喚や「真竜」のコスト確保に使える。

グローアップ・バルブ
 デッキトップを墓地へ送って墓地から特殊召喚できるチューナー。
 1回だけだが蘇生効果を使えば、
 S召喚と「真竜」のコスト確保に使える。

手札断殺
 お互いの手札を2枚送り2枚ドローする速攻魔法。
 手札に来たバレット、バルブ、マガジン等を墓地へ送りつつドローする。
 送った後は近衛兵の効果も使用しやすい。
 ある程度、墓地に「真竜」も必要なので送っておくのも良い。

ブレイズ・キャノン・マガジン
 手札の「ヴォルカニック」を送って1ドロー出来る永続罠。
 バックショットやバレットと相性が良いのはもちろん、
 近衛兵のコスト確保にも役立つ。
 墓地から除外すれば、バレットの確保や、
 バックショットを送って相手の行動を妨害できる。

幽麗なる幻滝
 幻竜族サーチ効果と幻竜族をコストにドローする効果を持つ通常罠。
 主に「真竜」サーチに使用する。
 手札に集まり過ぎた「真竜」をコストにドローするのも良い。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

ドラゴニックDの採用
 手札・フィールドのカードを破壊して「真竜」をサーチするフィールド魔法。
 バレットやマガジンを破壊して「真竜」をサーチすれば無駄が無い。
 ただ必ず良い破壊対象を確保しているかはちょっと微妙

真竜皇バハルストスFの採用
 2体破壊して特殊召喚でき、水2体の場合、
 相手のフィールド・墓地の魔法・罠を2枚まで除外できる「真竜」
 破壊時にはデッキから水以外の幻竜族を特殊召喚できるので、
 「真竜」の効果で破壊すれば、すぐさまランク9のX召喚に繋げられる。
 ただ水属性がこのカード以外いないのが気がかり

炎竜星-シュンゲイの採用
 破壊されるとデッキから別名の「竜星」を特殊召喚できる「竜星」。
 「真竜」の破壊効果とも相性が良い。
 ただこのカードだけ採用しても意味ないので、
 採用する場合は、チューナーである光竜星-リフンなども一緒に採用しよう。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
まさかの2か月ぶりのデッキ紹介になります。
言い訳すると、デッキが纏まらない+新ルールという挟み撃ち。
本当にごめんなさい。。。

久々のデッキ紹介ですが、今回は少し「真竜」を触ってみました
アグニマズドの時点で、「このカード使いたいな」と思っていて、
当時から確保していたのですが、
まさか環境を取るカードにまでなるとは思いませんでした。

最近の環境として、まだリンクモンスター不足により、
S召喚やX召喚をバンバン出来るという状況ではないので、
そうなのとやはり特殊召喚に頼っていくのが自然な流れ
そういう事もあり「真竜」を使ってみました。

「真竜」を採用するにあたり、一番良さそうだったのが、
前に紹介した炎エクシーズを利用するのが良さそうと思い、
試しに組み合わせてみました。

使い勝手としましては結構相性良いと思います。
あのデッキは手札が増えるけど、思ったより展開できない事が悩みだったので、
そのバレットや近衛兵で増やした手札を「真竜」で利用するのが中々優秀
久々に自分好みのデッキに仕上がったと思います。

まさかの2ヶ月も空いてしまいましたが、
今はデッキの構想もありますし、
考察もしていきたいと思っているので、
ちゃんとに週1更新を守っていきたいと思います!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》

PageTop

PAGE TOP