【友遊カード】遊戯王デッキ考察ブログ

遊戯王専門通販サイトの友遊カードです! こちらのブログでは、  遊戯王カードのユニークなデッキの紹介していきます。

デッキNo.148 暴走ナチュル

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第148回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【暴走ナチュル】
暴走ナチュル

上級モンスター 3枚 (1種類)
ナチュル・ハイドランジー 3

下級モンスター 19枚 (7種類)
ナチュル・マロン 3
ナチュル・ラグウィード 3
ナチュル・ローズウィップ 2
ナチュル・バタフライ 2
ローンファイア・ブロッサム 3
夜薔薇の騎士 3
ミミミック 3

魔法カード 12枚 (8種類)
ハーピィの羽根帚 1
増援 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
一時休戦 1
手札抹殺 1
手札断殺 3
地獄の暴走召喚 3

罠カード 6枚 (2種類)
ナチュルの神星樹 3
リビングデッドの呼び声 3

エクストラデッキ 15枚 (14種類)
No.61 ヴォルカザウルス 1
アーティファクト-デュランダル 1
シャーク・フォートレス 1
メリアスの木霊 2
幻影騎士団ブレイクソード 1
弦魔人ムズムズリズム 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
スクラップ・ドラゴン 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
閃珖竜 スターダスト 1
ナチュル・パルキオン 1
瑚之龍 1
スターダスト・チャージ・ウォリアー 1
獣神ヴァルカン 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【暴走ナチュル】は「ナチュル」に地獄の暴走召喚を採用して、
S召喚やX召喚を行い、大量展開を狙うデッキとなります。
地獄の暴走召喚のトリガーになるローンファイア・ブロッサムや夜薔薇の騎士を採用し、
ローンファイア・ブロッサムやナチュル・マロン、ナチュル・ラグウィードを特殊召喚して、
展開とドローを行いつつ戦うの狙いのデッキです。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

ナチュル・ハイドランジー
 フィールドで「ナチュル」が効果を発動したターンに特殊召喚できる「ナチュル」。
 マロンが効果を発動させやすいので、特殊召喚もしやすい。
 実際マロンとハイドランジ―が並んでも何の意味もないので、
 リビデや神星樹などの+αの動きでS召喚やX召喚を狙う。

ナチュル・マロン
 召喚時のデッキから「ナチュル」を落とす効果と、
 墓地の「ナチュル」を2体デッキに戻して1ドローする効果を持つ「ナチュル」。
 暴走召喚してうまくいけば、3ドローしながらも、
 S召喚やX召喚で展開を狙っていける。
 そして使った「ナチュル」をこのカードで回収していく。

ナチュル・ラグウィード
 相手がドローフェイズ以外でドローした時、
 リリースして2ドローできる「ナチュル」。
 休戦や断殺でドローを狙える。
 また、相手のドロー効果にチェーンしてリビデや神星樹を発動すれば、
 受動的にドロー効果を使うことも可能。

ナチュル・ローズウィップ
 相手の魔法・罠の発動を制限する「ナチュル」チューナー。
 効果自体は完全に期待していないが、
 ロンファからリクルートできるチューナーとして採用。
 神星樹からもリクルート可能。

ナチュル・バタフライ
 デッキトップ1枚を墓地に送って攻撃を無効にする「ナチュル」チューナー。
 神星樹からリクルートできるチューナーとして採用。
 効果はあんまり期待していないが、
 神星樹やリビデを使えば相手の攻撃を阻止しやすい。

ローンファイア・ブロッサム
 植物族をリリースしてデッキから植物族を特殊召喚するモンスター。
 暴走召喚のトリガーに出来る上、
 ロンファを暴走させれば、かなり広い選択肢が生まれる。

夜薔薇の騎士
 召喚時に手札のレベル4以下の植物族を特殊召喚するチューナー。
 暴走召喚のトリガーに出来る上、
 S召喚も狙えるようになる。
 闇属性なのが残念。

ミミミック
 相手にモンスターが存在し、
 自分フィールドにレベル3がいる時特殊召喚できるモンスター。
 レベル3が多く採用されており、
 強力な植物族XモンスターであるメリアスをX召喚を狙う為に採用。
 一応暴走召喚も発動可能。

手札断殺
 お互い手札2枚を墓地に送って2ドローする速攻魔法。
 マロンの戻す対象を増やせるだけでなく、
 神星樹を送って「ナチュル」をサーチ出来る上、
 ラグウィードの効果も発動出来る。
 手札抹殺も同じ理由で採用。

地獄の暴走召喚
 このデッキのキーカード。
 モンスターを暴走召喚させる速攻魔法(適当)。
 ロンファ、夜薔薇、メリアス等で暴走させて、
 大量展開を狙っていく。

ナチュルの神星樹
 地属性の植物族と地属性・昆虫族を入れ替えられる「ナチュル」永続罠。
 ハイドランジーやメリアス等の地属性・植物族をリリースして、
 バタフライをリクルートしてS召喚に繋げる事が多い。
 相手バトルフェイズにバタフライをリクルートして、
 相手の攻撃を止めるという事も出来る。
 暴走召喚のトリガーになったり、墓地に送られると「ナチュル」をサーチ出来たりと、
 良いとこいっぱい。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

切り込み隊長の採用
 召喚時に手札のレベル4以下のモンスターを召喚できるモンスター。
 やっていることは夜薔薇とほとんど変わらないが、
 地属性・レベル3の為、メリアスのX召喚に使える。
 ただチューナーではないので、夜薔薇と選択といったところ。

ナチュル・パンプキンの採用
 相手にのみモンスターがいる時に召喚すると、
 手札から「ナチュル」を召喚できる「ナチュル」。
 手札に来た「ナチュル」チューナーを使って、
 レベル7S召喚などが狙えるようになる。
 神星樹でサーチが利くのが良い点。

マジック・プランターの採用
 永続罠をコストに2ドローする魔法カード。
 使い終わったリビデや神星樹を有効活用できる。
 特に神星樹は2ドロー+「ナチュル」サーチになるので、
 手札をより充実させることが出来る。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
前回に引き続き、1カテゴリでデッキを組みました!
前々から「ナチュル」を組みたかったので、今回組んでみました!

「ナチュル」は展開に優れた植物族で多く構成されているので、
思った以上に組むのが簡単でした。

しかし組むのは簡単でしたが、説明が難しい
実際動画で動きを見せれば良いのですが、
現在動画を投稿できない状況なのが悔やまれます。
申し訳ない。。。。

簡単に説明しますが、
このデッキはロンファや夜薔薇で、ロンファやマロンを暴走召喚して、
マロンとラグウィードでドローしながら、
S召喚やX召喚を展開していくのが狙いとなります。
そしてその動きの補佐として、
ハイドランジーやミミミック、リビデを採用したといった感じ。
説明が下手でごめんなさい

ただ回していくと展開とドローがかなり出来たりするので、
気になった方は実際使ってみてください
丸投げ!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


スポンサーサイト

PageTop

デッキNo.147 セフィラ

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第147回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【セフィラ】

上級モンスター 6枚 (2種類)
智天の神凰龍 3
秘竜星-セフィラシウゴ 3

下級モンスター 16枚 (6種類)
竜星因士-セフィラツバーン 3
覚星輝士-セフィラビュート 3
宝竜星-セフィラフウシ 3
星因士 デネブ 3
TG ストライカー 3
竜剣士ラスター 1

魔法カード 12枚 (6種類)
ハーピィの羽根帚 1
ブラック・ホール 1
増援 1
セフィラの神意 3
セフィラの神託 3
テラ・フォーミング 3

罠カード 6枚 (3種類)
スターライト・ロード 1
貪欲な瓶 2
セフィラの星戦 3

エクストラデッキ 15枚 (15種類)
剛竜剣士ダイナスター 1
セイクリッド・トレミスM7 1
ガントレット・シューター 1
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ 1
鳥銃士カステル 1
昇竜剣士マジェスターP 1
PSYフレームロード・Ω 1
爆竜剣士イグニスターP 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
スターダスト・ドラゴン 1
月華竜 ブラック・ローズ 1
邪竜星-ガイザー 1
瑚之龍 1
メタファイズ・ホルス・ドラゴン 1
スターダスト・チャージ・ウォリアー 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

智天の神凰龍
 エクストラデッキに「セフィラ」を溜めつつ、
 スケールを変更出来るP効果と、
 「セフィラ」をもう一度、P召喚する効果を持つ「セフィラ」。
 召喚条件は難しそうだが、P召喚を使えば簡単に満たせる上、
 もう一度P召喚できるので、コストも全然気にならない。
 P効果も「セフィラ」を溜めつつ、スケールを揃えやすくなるので優秀。
 デッキから「セフィラ」を特殊召喚する効果も優秀と、
 全部が全部、優秀なことばかりを備わった「セフィラ」

秘竜星-セフィラシウゴ
 P召喚か破壊された時に「セフィラ」or「竜星」魔法・罠カードをサーチする「セフィラ」。
 サーチである神意、神託と除去である星戦をサーチ出来る。
 特にシウゴを残しつつ星戦をセットできれば、
 相手ターンに妨害も出来る上、
 神意、神託をサーチすることが可能。

竜星因士-セフィラツバーン
 召喚、反転、P召喚時に「セフィラ」or「テラナイト」を破壊して、
 表側カードを破壊する「セフィラ」。
 ビュートと一緒に相手カードを破壊しながら戦う。
 「セフィラ」でありつつ「テラナイト」でもあるので、
 デネブでサーチが可能。

覚星輝士-セフィラビュート
 召喚、反転、P召喚時に「セフィラ」or「テラナイト」を破壊して、
 裏側カードを破壊する「セフィラ」。
 ツバーンと一緒に相手カードを破壊しながら戦う。
 「セフィラ」でありつつ「テラナイト」でもあるので、
 デネブでサーチが可能。

宝竜星-セフィラフウシ
 P召喚orデッキから特殊召喚した時、
 フウシ以外の「セフィラ」or「竜星」をチューナーに出来る「セフィラ」。
 本来、効果使用後はデッキに戻ってしまうが、
 効果にチェーンしてツバーンや星戦で破壊すれば、
 エクストラデッキに戻る
ので、毎ターンS召喚を狙う事が可能。

星因士 デネブ
 「テラナイト」をサーチ出来る「テラナイト」。
 ツバーンかビュートをサーチして、スケールを揃える事が可能。

TG ストライカー
 相手にのみモンスターがいる時、特殊召喚できる「TG」チューナー。
 P召喚を利用したS召喚が強力なのでチューナー役として。
 召喚権を使わない点と増援でサーチが可能なので採用。

竜剣士ラスター
 「竜剣士」にしか使えない「竜剣士」Pチューナー。
 フウシで「セフィラ」をチューナーにして、
 イグニスターPをS召喚すれば効果で特殊召喚可能。
 ただエクストラに行ってもP召喚は出来ない。

セフィラの神意
 万能「セフィラ」サーチの魔法カード。
 墓地から除外して「セフィラ」の破壊も無効にできる。
 優秀過ぎて入れない理由が全くない。
 フウゴでサーチ可能。

セフィラの神託
 「セフィラ」モンスターをサーチする「セフィラ」フィールド魔法。
 こちらも入れない理由が無い。
 個人的にサーチ効果以外はおまけ。

スターライト・ロード
 2枚以上破壊するカード効果を無効にして、
 スターダスト・ドラゴンを特殊召喚する罠カード。
 スケールを無暗に破壊されたくないので採用。

貪欲な瓶
 墓地のカードを5枚戻して1ドローする罠カード。
 基本墓地にモンスターはいかないので、
 消費の多い魔法カードも回収出来るこちらを採用。

セフィラの星戦
 「セフィラ」とフィールドのカードを1枚ずつ破壊する「セフィラ」罠カード。
 フウゴと相手カードを破壊して、
 「セフィラ」魔法・罠カードをサーチするのが理想の形。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

竜星の九支の採用
 「竜星」がいる時、魔法・罠・モンスター効果を無効にしてデッキに戻し、
 「竜星」カードを破壊するカウンター罠。
 スケールの「竜星」も破壊出来るので使いやすい。
 「竜星」罠カードなので、フウゴでサーチ可能。

セフィラの神撃の採用
 エクストラデッキの「セフィラ」を除外して、
 魔法・罠・モンスター効果を無効にして破壊する「セフィラ」カウンター罠。
 智天の神凰龍のおかげで序盤でも使いやすい。
 「セフィラ」罠カードなので、フウゴでサーチ可能。

幽麗なる幻滝の採用
 幻竜族をサーチする効果と、
 幻竜族を捨てて、捨てた枚数+1ドローする効果を持つ罠カード。
 フウシとフウゴが幻竜族なのでサーチ可能。
 また来過ぎたフウシとフウゴをコストにドローするのも良い。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
今回はまさかのセフィラ単品で組みました!
MAXIMUM CRISISで強化されたので、
使いたくなり、組んでみました。
因みに画像が無いのはADSを更新していない為。

使い勝手は本当に良いですね。
サーチが6枚もあり、更にデネブやフウゴでもサーチが出来るので、
基本的に初手が安定している
本当に強い。

ガチめに組もうとすれば、
カウンター罠をガッツリ積んだ方が良いと思いますが、
個人的に性に合わないので、今回は採用していません。

久々に単品のカテゴリを組みましたが、
やはり一つのカテゴリで組むのも楽しいですね!
今後もちょいちょいあげてみたいと思います!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.146 音響ゴウフウ

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第146回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【音響ゴウフウ】
音響ゴウフウ

上級モンスター 5枚 (2種類)
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン 2
BF-朧影のゴウフウ 3

下級モンスター 16枚 (6種類)
音響戦士サイザス 3
音響戦士ギータス 3
音響戦士ベーシス 3
クリッター 3
ダークシー・レスキュー 3
アンノウン・シンクロン 1

魔法カード 16枚 (8種類)
ハーピィの羽根帚 1
ブラック・ホール 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
融合徴兵 3
闇の誘惑 3
悪夢再び 3
ワンチャン!? 3

罠カード 3枚 (1種類)
激流葬 3

エクストラデッキ 15枚 (15種類)
ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン 1
クリッチー 1
水晶機巧-グリオンガンド 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
スクラップ・ドラゴン 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
閃珖竜 スターダスト 1
月華竜 ブラック・ローズ 1
A BF-涙雨のチドリ 1
BF-星影のノートゥング 1
瑚之龍 1
ゴヨウ・プレデター 1
メタファイズ・ホルス・ドラゴン 1
スターダスト・チャージ・ウォリアー 1
フォーミュラ・シンクロン 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【音響ゴウフウ】はBF-朧影のゴウフウと音響戦士ギータスを使って
S召喚で戦うデッキとなります。
BF-朧影のゴウフウを特殊召喚して、トークンを生成し、
ワンチャン!?でダークシー・レスキューをサーチし、
S召喚後に悪夢再びで2体を回収するのが理想な流れです。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
 P効果で攻撃力1500以下のPモンスターをサーチ出来るPモンスター。
 ほぼギータスサーチ用。
 ギータスを持っている時はキータスや誘惑のコストに。
 融合徴兵でサーチ可能な上、
 サーチ後もP効果は使えるのが良い点。

BF-朧影のゴウフウ
 このデッキのキーカードその1。
 自分フィールドにモンスターがいない時、特殊召喚できる「BF」チューナー。
 その後、特殊召喚するトークンがレベル1なので、
 ワンチャンの発動条件が満たせる上、
 S召喚にまで繋げる事が可能。
 闇属性・守備力0なので悪夢再び対応。

音響戦士サイザス
 リバース時に「音響戦士」をサーチして、
 墓地除外で除外されている「音響戦士」を特殊召喚する「音響戦士」。
 ギータスをサーチするのも役割だが、
 ギータスから特殊召喚できる非チューナーとして採用。

音響戦士ギータス
 このデッキのキーカードその2。
 手札1枚でデッキから「音響戦士」を特殊召喚する「音響戦士」Pモンスター。
 効果でベーシスを特殊召喚すれば、
 ワンチャンの発動条件を満たせる上、
 そのままS召喚に繋げる事が可能。
 また召喚時の「音響戦士」を釣り上げる効果でも
 S召喚に繋げられる。

音響戦士ベーシス
 手札の枚数だけレベルを上げられる「音響戦士」チューナー。
 ギータスやサイザスで特殊召喚すれば、
 ワンチャンの発動条件を満たす事が可能。
 レベルアップ効果はサイザスの事を考えると、
 出来るだけ墓地から発動させる方が良い。

クリッター
 フィールドから墓地に送られると攻撃力1500以下をサーチ出来るモンスター。
 そのターン効果は使えないが、
 このデッキのモンスターがほぼ攻撃力1500以下なので、
 次ターンの備える事が可能。
 融合徴兵でサーチ可能。

ダークシー・レスキュー
 S素材に使用されたら1ドローするモンスター。
 ワンチャン対応なので、
 ゴウフウやベーシスを特殊召喚した後に、
 このモンスターをサーチしてS召喚にまで繋げられる。
 闇属性・守備力0なので悪夢再び対応。

アンノウン・シンクロン
 相手にのみモンスターがいる時、特殊召喚できる「シンクロン」チューナー。
 ワンチャンと悪夢再び対応なので採用。
 悪夢再びで回収する意味はないが、
 闇の誘惑のコストにでも。

融合徴兵
 融合モンスターに記されたモンスターを、
 デッキ、墓地から加えられる魔法カード。
 クリッターを使い回して、
 手札を整えるのが狙い。
 オッドアイズもサーチ可能。

悪夢再び
 墓地の闇属性・守備力0を2体回収する魔法カード。
 ゴウフウとダークシー・レスキューが対応してる為、
 回収後、そのままS召喚に繋げる事が可能。

ワンチャン!?
 フィールドにレベル1がいる時、デッキからレベル1をサーチする魔法カード。
 ゴウフウやギータスでレベル1を確保して、
 このカードを発動すれば、
 召喚権を残してレベル1をサーチする事が可能。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

音響戦士マイクスの採用
 除外されている「音響戦士」を回収するP効果と、
 召喚権を1回増やす効果を持つ「音響戦士」Pモンスター。
 効果で召喚権を増やせば展開できるだけではなく、
 レベル1召喚→ワンチャン→レベル1召喚という芸当も可能。
 スケールも揃うのでP召喚も可能になるが、
 特殊召喚モンスターやレベル1が多いので、うまみは少なめ

チューニング・サポーターの採用
 S召喚する際にレベル2として扱う事も出来る上、
 S素材に使うと1ドロー出来るモンスター。
 レベルを使い分けられるので、
 幅広いS召喚に使用可能。
 効果の上ではダークシー・レスキューの上位互換だが、
 光属性なので悪夢再びに非対応な事だけが劣っている点

ジェスター・コンフィの採用
 手札から特殊召喚できるモンスター。
 レベル1・闇属性・守備力0なので、
 ワンチャンと悪夢再びに対応する。
 特に召喚権を残しつつワンチャンが出来るのは強み。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
今年1発目のデッキ紹介です!
しかし1発目が中旬を過ぎているのはこれいかに。。。

今回は前に紹介したNo.130 ゴウフウシンクロみたいなデッキを組みました。
それはリメイク版では?とも思いますが、
まぁまぁ内容が違うので、別デッキとして紹介させて頂きます。

このデッキはゴウフウとトークンを特殊召喚して、
ワンチャンでダークシー・レスキューをサーチして、
悪夢再びで使い回すというのが狙いですが、
ギータスを採用して、更にワンチャンを使いやすくしました。

使い勝手としては結構安定して回せます
暴力的な展開力は基本ありませんが、
毎ターンS召喚が出来るので、
ある程度の対応力はあると思います。

最近本当に更新が酷いので、
毎週更新できるように精進したいと思います!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

2016年に紹介したデッキを振り返ろう

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今日は2016年12月31日という事で、
今年紹介したデッキを振り返ろうと思います。

まずは紹介したデッキの一覧です。

No.145 RRアステルクレイン
No.144 MAXカオス
No.143 幻想花札衛
No.142 ABCリゾネーター
No.141 魔装シンクロ
No.140 魔導ガガガチョコ
No.139 SRドラグニティ
No.138 弁天サフィラ
No.137 アンデリゾネーター
No.136 蛮族銀河
No.135 融合アンデ
No.134 氷結カエル
No.133 音響ABC
No.132 ゴウフウクライス
No.131 音響SRHC
No.130 ゴウフウシンクロ
No.129 バニラキューブ
No.128 朧影ファーニマル
No.127 岩石コアキメイル
No.126 魔装フィッシャーマン
No.125 暴走聖刻帝
No.124 サモンEM
No.123 カオスサクリファイス
No.122 トゥーンバッド炎舞
No.121 アルティミドール
No.120 聖戦士DDM

少なっ!
1年間で26個しか上げてないとか少なっ!
月に2~3個上げてる計算ですが、
同時に月に1~2回サボってる計算にもなりますね。
これはもう今年の反省点ですね。

一応、毎年恒例となっている今年紹介したデッキを
部門ごとに紹介していきたいと思います!

【お気に入りデッキ部門】
この部門では、私が気に入っているデッキをピックアップして紹介します。

No.135 融合アンデ
 ゴブリンゾンビを使い回しながら、
 融合、S召喚を行うデッキ。
 アニメの影響で融合もかなり強化され、
 アンデット族ならではの安定感と使いやすさもあり、
 かなり気に入っているデッキの1つです!

No.120 聖戦士DDM
 聖戦士カオス・ソルジャーをメインとしたデッキ。
 ワイコラやDDMを利用して、
 アドバンス召喚でも特殊召喚でも出せるように構成されているのがミソ。
 聖戦士がいない時でもS召喚で戦える上に、
 ベリアルによる大ダメージも狙えるのが売り。
 紹介時よりかなり変更されていますが、
 今でも愛用しているデッキの1つです!

【見直しデッキ部門】
この部門では、もう少しテコ入れが必要なデッキをピックアップして紹介します。

No.142 ABCリゾネーター
 強い弱いという話ではなくつまらない
 強いは強いんですが、ただ単にリゾネーターを採用したABC。
 ユニオン格納庫も制限になり、展開も厳しくなるので、
 もう少し自分らしい構成に変更したいところですね。

No.122 トゥーンバッド炎舞
 シャーク・フォートレスでバッド・エンド・クイーン・ドラゴンを2回攻撃するというのは、
 個人的にはかなり面白い動きだとは思うのですが、
 ジリ貧になりやすいのと事故りやすいという欠陥品
 しかも天キも制限になるとかなり厳しくなるので、
 できればテコ入れしてあげたいと思っています。

【記憶に残ってるデッキ部門】
この部門では、自分の頭の中に強く残っているデッキをピックアップして紹介します。

No.144 MAXカオス
 映画にも登場したブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴンをメインにしたデッキ。
 SRメンコート、月の書、砂塵のバリア -ダスト・フォース-を採用して、
 倍の貫通ダメージを与えるのを最大限活用する構成にしてる。
 他にも開闢と混沌帝龍を採用して、
 一気に相手のライフを削りにいくスタイルは、
 紹介したデッキの中でも1番凶暴だと思います!

No.134 氷結カエル
 「氷結界」と「ガエル」を組み合わせたデッキ。
 構成としてはとてもシンプルなのですが、
 このデッキの強みは何と言っても餅カエル恐ろしさ
 環境でも一世を風靡した餅カエルの出しやすさが光り、
 最初は楽しく戦ってた友人が、途中から真顔でプレイしていた事を記憶しています。
 そんな餅カエルも制限になるので、あの時のような脅威はもうないと思います。
 
【忘れちゃったデッキ部門】
この部門では、作ったけど正直よく覚えていないデッキをピックアップして紹介します。

No.136 蛮族銀河
 頭の中からきれいさっぱり消えていた訳ではありませんが、
 「あーこんなデッキもあったな」って思ったのがこれでした。
 デッキとしては、展開もドローも妨害もあるので、
 使えば結構強いデッキなのは確かなのですが、
 なんだか汎用性高いカードで固めてるなぁって感じで、
 特別オリジナリティを感じる事が出来ないデッキだと思いました。


今年は紹介したデッキが少なかった事もあってか、
その代りとして、個人的に思い入れのあるデッキが多くあります。
部門別では紹介していませんが、
No.143 幻想花札衛No.132 ゴウフウクライスNo.121 アルティミドールなども、
自分としてはかなり思い入れがあるデッキです。
その中でもNo.143 幻想花札衛No.132 ゴウフウクライスは、
紹介時よりかなり構成が変わってますが今でも使っているデッキです。

さて今年のMVPデッキは、
今年映画でも環境でも大活躍した青眼を採用している
No.144 MAXカオスに決めたいと思います!
やはり社長の強さと人気は素晴らしい!

それでは今回はこれで終わりたいと思います!
長々とお付き合いして頂きありがとうございました!
良いお年を!


PageTop

デッキNo.145 RRアステルクレイン

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第145回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【RRアステルクレイン】
RRアステルクレイン

上級モンスター 0枚 (0種類)
なし

下級モンスター 20枚 (8種類)
RR-バニシング・レイニアス 3
RR-ミミクリー・レイニアス 3
RR-シンギング・レイニアス 3
アステル・ドローン 3
聖鳥クレイン 3
ゴブリンドバーグ 3
BF-精鋭のゼピュロス 1
召喚僧サモンプリースト 1

魔法カード 14枚 (9種類)
ハーピィの羽根帚 1
死者蘇生 1
ブラック・ホール 1
貪欲な壺 1
増援 1
おろかな埋葬 1
RR-ネスト 2
スワローズ・ネスト 3
マジック・プランター 3

罠カード 6枚 (2種類)
リビングデッドの呼び声 3
強化蘇生 3

エクストラデッキ 15枚 (15種類)
始祖の守護者ティラス 1
セイクリッド・プレアデス 1
No.61 ヴォルカザウルス 1
シャーク・フォートレス 1
アーティファクト-デュランダル 1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング 1
SNo.39 希望皇ホープONE 1
No.39 希望皇ホープ 1
No.101 S・H・Ark Knight 1
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ 1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1
零鳥獣シルフィーネ 1
鳥銃士カステル 1
ダイガスタ・エメラル 1
RR-フォース・ストリクス 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【RRアステルクレイン】は、「RR」を採用しつつ、
アステル・ドローンと聖鳥クレインをリビングデッドの呼び声と強化蘇生で使い回しながら、
ドローとX召喚による展開をしていくデッキとなります。
モンスターを揃える為のRR-バニシング・レイニアス、ゴブリンドバーズ、
手札を補強する為のRR-ミミクリー・レイニアス、アステル、ドローン、聖鳥クレイン、
更なる展開を狙う為のRR-シンギング・レイニアス、リビングデッドの呼び声、強化蘇生、
といったカードで構成されたデッキとなります。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

RR-バニシング・レイニアス
 手札から「RR」を特殊召喚出来る「RR」。
 簡単にX召喚が狙える上、
 ネストの条件も満たす事が可能。

RR-ミミクリー・レイニアス
 「RR」のレベルを1上げる効果と、
 墓地から除外して「RR」をサーチする効果を持つ「RR」。
 バニシングで特殊召喚すれば、
 ランク4or5のX召喚が狙える。

RR-シンギング・レイニアス
 Xモンスターがいると特殊召喚出来る「RR」。
 X召喚後にリビデ等を使って更なる展開を狙う時に使える。

アステル・ドローン
 X素材にする時にレベル5として扱える効果と、
 X召喚時に1ドローする効果を持つモンスター。
 ゴブリンドバーグやリビデでランク4のX召喚+1ドローが出来る上、
 ミミクリーと強化蘇生でランク5のX召喚+1ドローも狙える。

聖鳥クレイン
 特殊召喚時に1ドローするモンスター。
 ゴブリンドバーグやサモプリで特殊召喚した後、
 リビデと強化蘇生で使い回してドローしまくるのが狙い。
 鳥獣族なので、スワローズ・ネストでも特殊召喚可能。

ゴブリンドバーグ
 召喚時に手札からレベル4以下のモンスターを特殊召喚出来るモンスター。
 お手軽にランク4のX召喚が狙える。
 手札に来たクレインの1番良い処理方法。

BF-精鋭のゼピュロス
 自分フィールドのカードを手札に戻して墓地から特殊召喚出来る「BF」。
 使い終わったリビデ、強化蘇生を回収出来るのが強み。
 地味にフォース・ストリクスでサーチ可能。

召喚僧サモンプリースト
 手札の魔法1枚で、デッキからレベル4を特殊召喚するモンスター。
 ランク4デッキといえばコレ。
 全てレベル4なので、誰にでもアクセスできるが、
 ドローが出来るクレインが1番良い。

RR-ネスト
 自分フィールドに「RR」が2体以上いる時、
 デッキ・墓地から「RR」を加える「RR」永続魔法。
 バニシングに加え、リビデや強化蘇生があるので、
 発動は容易い。
 ミミクリーでサーチ可能。

スワローズ・ネスト
 自分フィールドの鳥獣族をリリースして、
 デッキから同レベルの鳥獣族を特殊召喚する速攻魔法。
 採用している鳥獣族が全てレベル4なので、
 どれにでもアクセスする事が可能。
 バニシングなら特殊召喚、ミミクリーならサーチ、
 クレインなら1ドローといった感じ。

マジック・プランター
 永続罠をコストに2ドローする魔法カード。
 使い終わったリビデと強化蘇生が残るので、
 それをドローに変換して、有効に使う事が出来る。

強化蘇生
 墓地のレベル4以下のモンスターを、
 レベル1アップさせて特殊召喚する永続罠。
 蘇生したモンスターはレベル5として特殊召喚されるので、
 アステルやミミクリーとランク5のX召喚が狙えるようになる。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

RR-ペイン・レイニアスの採用
 「RR」がいる時、ダメージを受けて特殊召喚出来る「RR」。
 鳥獣族しかX召喚できないものの、
 手軽にX召喚を狙う事が可能。
 自身はレベル1なので、スワローズ・ネストやリビデ等を使う時に注意。

終末の騎士の採用
 デッキから闇属性を落とせるモンスター。
 ミミクリーやゼピュロスを落とせるのが強み。
 逆に言うとそれくらいしかない。

霞の谷のファルコンの採用
 攻撃宣言時にフィールドのカードを戻す「霞の谷」。
 使い終わったリビデと強化蘇生を回収出来るのが候補の理由。
 鳥獣族なのでスワローズ・ネストでアクセスも可能。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
更新が1ヶ月滞ってしまい申し訳御座いません。
流石にこれは遅れ過ぎ。
反省します。。。

昔紹介した【アステルクレイン】亜種的存在
リメイクとは違うので新たに紹介させて頂きました。

個人的に昔の【アステルクレイン】では、
蘇生は出来てもサーチが利かないところが不満でした。
なので、サーチを利かすには手っ取り早くカテゴリモンスターを採用しようと思い、
最終的に行き着いたのが「RR」でした。

決定打となったのはやはりミミクリーの存在
サーチ効果だけでなくレベルを上げる効果は、
強化蘇生を使うこのデッキには活かせると思い、採用しました。

使い勝手としては、ドローとX召喚が沢山出来て楽しい!
手札を補強しつつ展開する動きは、
正しく自分の好むデッキに仕上がったと思います。

これで今年のデッキ紹介は最後になります。
また来年もジャンジャンデッキ紹介していきたいと思っているので、
来年もよろしくお願い致します!
良いお年を!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

PAGE TOP