【友遊カード】遊戯王デッキ考察ブログ

遊戯王専門通販サイトの友遊カードです! こちらのブログでは、  遊戯王カードのユニークなデッキの紹介していきます。

デッキNo.136 蛮族銀河

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第136回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【蛮族銀河】
蛮族銀河

上級モンスター 16枚 (6種類)
銀河戦士 3
フォトン・スレイヤー 3
オーバーレイ・ブースター 3
超量士レッドレイヤー 3
アーティファクト-デスサイズ 3
アーティファクト-モラルタ 1

下級モンスター 7枚 (3種類)
銀河の魔導師 3
アステル・ドローン 3
召喚僧サモンプリースト 1

魔法カード 10枚 (6種類)
ハーピィの羽根帚 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
銀河零式 1
銀河遠征 3
蛮族の狂宴LV5 3

罠カード 7枚 (3種類)
破壊輪 1
アーティファクトの神智 3
リビングデッドの呼び声 3

エクストラデッキ 15枚 (13種類)
迅雷の騎士ガイアドラグーン 1
サイバー・ドラゴン・インフィニティ 1
サイバー・ドラゴン・ノヴァ 1
超量機獣マグナライガー 2
セイクリッド・プレアデス 2
重機王ドボク・ザーク 1
No.61 ヴォルカザウルス 1
始祖の守護者ティラス 1
アーティファクト-デュランダル 1
シャーク・フォートレス 1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1
鳥銃士カステル 1
励輝士 ヴェルズビュート 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【蛮族銀河】は銀河戦士や銀河遠征を利用して、
蛮族の狂宴LV5を使うデッキになります。
使いやすいオーバーレイ・ブースターと超量士レッドレイヤーに、
銀河遠征で特殊召喚出来るフォトン・スレイヤーを使って、
蛮族の狂宴LV5の条件を満たすのが狙いです。

また展開の補助として銀河戦士と銀河の魔導師、
妨害としてアーティファクトの神智、
ランク5のX召喚の補助としてアステルドローンを採用しています。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

銀河戦士
 手札の光属性をコストに特殊召喚でき、
 特殊召喚時に「ギャラクシー」モンスターをサーチ出来る「ギャラクシー」。
 X召喚、蛮族の為の墓地肥やし、手札の腐り解消など、
 多くの場面で活躍が期待出来る。

フォトン・スレイヤー
 Xモンスターがいる時、特殊召喚が出来る「フォトン」。
 主に銀河遠征で特殊召喚する事になるが、
 手札に来てもあまり気にならない。
 レベル5・戦士族の為、蛮族対応。

オーバーレイ・ブースター
 攻撃力2000以上がいる時、特殊召喚出来るモンスター。
 大体のモンスターが攻撃力2000以上なので、
 ほとんど問題なく特殊召喚が可能。
 レベル5・戦士族の為、蛮族対応。
 墓地から除外すると攻撃力が素材×500がアップするが、
 あんまり使わない。

超量士レッドレイヤー
 自分フィールドにモンスターがいない時、特殊召喚でき、
 召喚、特殊召喚時に墓地の「超量」モンスターを回収する「超量」。
 効果で別のレッドレイヤーを回収出来るので、
 常に手札にレッドレイヤーを確保している状態に出来る。
 レベル5・戦士族の為、蛮族対応。

アーティファクト-デスサイズ
 相手ターン中に特殊召喚すると、
 エクストラデッキから特殊召喚出来なくなる「アーティファクト」。
 S、X召喚の展開はこのカードで防ぐ事が可能。
 手札に来たら伏せるか銀河戦士のコストに。

アーティファクト-モラルタ
 相手ターン中に特殊召喚すると、
 相手の表カードを破壊出来る「アーティファクト」。
 相手の行動を妨害するのに最適。
 手札に来たら伏せるか銀河戦士のコストに。

銀河の魔導師
 リリースすると「ギャラクシー」カードをサーチでき、
 自身のレベルを8まで上げられる「ギャラクシー」。
 銀河戦士、銀河遠征のサーチに最適。
 レベルを上げる効果は銀河遠征でも役立つ。

アステル・ドローン
 ランク4、5のX召喚に使える上、
 X召喚時に1ドロー出来るモンスター。
 多くのモンスターがレベル5の為に採用。
 数少ない手札補充要因。

召喚僧サモンプリースト
 手札の魔法1枚でデッキからレベル4モンスターを特殊召喚出来るモンスター。
 ほぼアステル・ドローンサーチ要因。 
 銀河の魔導師もサーチ出来るが、
 あんまりやらない。

銀河零式
 墓地の「フォトン」か「ギャラクシー」を特殊召喚する装備魔法。
 銀河遠征と違い、特に条件もなく、
 尚且つ銀河遠征とも相性が良いのが特徴。
 またノヴァインフィニティをする場合に重宝する。
 「ギャラクシー」カードなので、銀河の魔導師でサーチ可能。

銀河遠征
 フィールドにレベル5以上の「フォトン」か「ギャラクシー」がいる時、
 デッキからレベル5以上の「フォトン」か「ギャラクシー」を特殊召喚出来る魔法カード。
 銀河戦士 → 銀河の魔導師 → 銀河遠征の流れでサーチすれば、
 すぐさまランク5のX召喚に繋ぐ事が可能。

蛮族の狂宴LV5
 今回の目玉カード。
 手札・墓地のレベル5・戦士族を2体まで特殊召喚する魔法カード。
 使ったレッドレイヤーやフォトン・スレイヤーをこのカードで特殊召喚して、
 ランク5のX召喚に繋げるのが狙い。
 また、レッドレイヤーを特殊召喚する事によって、
 マグナライガーのX素材の補充にも使える。

アーティファクトの神智
 デッキから「アーティファクト」モンスターを特殊召喚する罠カード。
 デスサイズかモラルタを特殊召喚して、
 相手の行動を妨害する。
 特殊召喚後はランク5のX召喚に使用。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

サイバー・ドラゴンの採用
 相手フィールドにのみモンスターがいる時、特殊召喚出来るモンスター。
 レベル5・光属性なので、多くのシナジーがある。
 ノヴァの効果が使えるのも利点。
 ただレッドレイヤーと相性は良くない。

霊魂の護送船の採用
 墓地の光属性を除外して特殊召喚出来るモンスター。
 ランク5のX召喚に磨きが掛かる。
 銀河戦士と相性が良い。

深淵のスタングレイの採用
 発動後はレベル5・光属性・雷族・攻1900/守0のモンスターとなる永続罠。
 こちらも更にランク5のX召喚に磨きが掛かる。
 ただ罠の為、展開が遅め。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
またまたお久し振りです。
最近忙しくて、更新出来ず申し訳ない・・・。
ちゃんと来週分もデッキを用意しているので、
今回はこれでご勘弁を・・・。

気を取り直してデッキ召喚に移らせて頂きますが、
今回は蛮族の狂宴LV5を使ったデッキを組みました。
前々から使いたいとは思っていましたが、
今回ようやく形になりました。

蛮族を使うにあたり、
使いやすいレベル5・戦士族を選んだ結果、
最初にレッドレイヤーとオーバーレイ・ブースターを選び、
追加でレベル5の使いやすい銀河戦士とシナジーのある
フォトン・スレイヤーの3種類で組む事になりました。

そして光属性で構築されているので、
同じくレベル5であるアーティファクトで、
守りも固めたといったところです。

使い勝手としては、中々攻めも守りも出来るデッキになったと思います。
ランク5のXモンスターは攻めるだけではなく、
プレアデス、マグナライガー、デュランダルでの妨害も出来る上、
神智まであるので、相手ターンも結構動く事が出来るデッキになりました。

最近作るデッキは自分のターンの事ばっかり考えたデッキだったので、
今回のデッキはいつもと少し違う感じが割りと気に入っています。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


スポンサーサイト

PageTop

デッキNo.135 融合アンデ

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第135回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【融合アンデ】
融合アンデ

上級モンスター 0枚 (0種類)
なし

下級モンスター 20枚 (9種類)
ゾンビ・マスター 3
ゴブリンゾンビ 3
冥界騎士トリスタン 3
馬頭鬼 2
冥界の麗人イゾルデ 1
カゲトカゲ 3
沼地の魔神王 3
終末の騎士 1
召喚僧サモンプリースト 1

魔法カード 20枚 (11種類)
ハーピィの羽根帚 1
手札抹殺 1
おろかな埋葬 1
異次元からの埋葬 1
超融合 1
置換融合 1
融合 2
融合回収 3
龍の鏡 3
闇の誘惑 3
生者の書-禁断の呪術- 3

罠カード 0枚 (0種類)
なし

エクストラデッキ 15枚 (11種類)
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン 3
冥界龍 ドラゴネクロ 3
No.22 不乱健 1
No.23 冥界の霊騎士ランスロット 1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング 1
No.39 希望皇ホープ 1
No.101 S・H・Ark Knight 1
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ 1
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1
キングレムリン 1
鳥銃士カステル 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【融合アンデ】とは、ゾンビ・マスターやゴブリンゾンビを利用して、
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンや冥界龍 ドラゴネクロの
融合召喚を狙うデッキになります。
ゾンビ・マスターやカゲトカゲを利用してX召喚で戦いつつ、
条件を満たせれば、融合召喚で攻めていきます。
また融合召喚で生じるディスアドバンテージは、
ゴブリンゾンビや融合回収で補う事が出来ます。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

ゾンビ・マスター
 手札1枚で墓地のアンデット族を蘇生出来るモンスター。
 このカードでゴブゾンを蘇生して、
 融合召喚にまで繋げる。
 また融合出来なくてもX召喚が狙える。

ゴブリンゾンビ
 フィールドから墓地に送られると、
 守備力1200以下のアンデット族をサーチ出来るモンスター。
 フィールドにいれば融合召喚でも
 サーチ効果が使えるので、
 ディスアドバンテージを緩和出来る。

冥界騎士トリスタン
 召喚時に守備力0のアンデット族を回収出来るモンスター。
 召喚すれば、ドラゴネクロの素材を揃える事が出来る。
 イゾルデを回収すれば、X召喚も可能。

馬頭鬼
 墓地から除外して、墓地のアンデット族を蘇生するモンスター。
 ゾンマスやゴブゾンの使い回しに最適。
 闇属性なら完璧だった。

冥界の麗人イゾルデ
 トリスタンがいる時、特殊召喚が出来る上、
 2体のレベルを5~8まで変更出来るモンスター。
 基本はトリスタンとセットで使用する。
 トリスタンと組み合わせれば、
 様々なX召喚と融合召喚が可能。

カゲトカゲ
 レベル4モンスターの召喚時に特殊召喚出来るモンスター。 
 シンプルにX召喚に役立つ。
 闇属性なので、スターヴ・ヴェノムの融合召喚にも重宝する。

終末の騎士
 デッキから闇属性を落とせるモンスター。
 墓地肥やしとして使用。

召喚僧サモンプリースト
 手札の魔法1枚で、デッキからレベル4モンスターを特殊召喚するモンスター。
 シンプルにX召喚に繋げられるだけでなく、
 闇属性2体揃えれば、
 スターヴ・ヴェノムの融合素材を揃えられる。

超融合
 手札1枚でチェーンされずにフィールドのモンスターを
 融合召喚出来る速攻魔法。
 連続で攻撃したり、
 相手の闇属性モンスターを吸収したり出来る。

置換融合
 自分フィールドのモンスターで融合する魔法カード。
 また墓地のこのカードを除外して、
 融合モンスターを戻してドローも可能。
 スターヴ・ヴェノムがフィールドのモンスターを融合するので、
 こちらの方が勝手が良い。

融合回収
 墓地の融合と融合素材1体を回収する魔法カード。
 融合召喚によって生じたディスアドバンテージを回復できる上、
 ゾンマスやサモプリの使い回しが狙える。

龍の鏡
 フィールド・墓地のモンスターを除外して、
 ドラゴン族の融合召喚を行う魔法カード。
 ドラゴネクロがアンデット族×2で融合出来るので、
 お手軽に使う事が可能。
 スターヴ・ヴェノムの為には基本使わない。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

ユニゾンビの採用
 手札かデッキからアンデット族を送ってレベルを上げるチューナー。
 デッキの場合は、アンデット族しか攻撃出来ない。
 アンデット族に欠かせない墓地肥やしを行いつつ、
 S召喚も出来る優れもの。
 デッキとしては動きやすくなるが、
 デッキから送った場合の攻撃制限がネック。

ゾンビキャリアの採用
 手札をデッキトップに戻して蘇生出来るチューナー。
 S召喚が狙えるだけでなく、
 融合素材を揃えるのにも役立つ。
 上記のユニゾンビで落としたいところ。

魔界発現世行きデスガイドの採用
 召喚時にデッキからレベル3・悪魔族を特殊召喚するモンスター。
 採用すれば、馬頭鬼を使い回せる虚空海竜リヴァイエールをX召喚出来る上、
 闇属性2体揃えられるので、スターヴ・ヴェノムの融合召喚にも役立つ。
 対象の候補としては、サーチが狙えるクリッターや、
 闇属性を確保に役立つエッジインプ・シザーがオススメ。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
久々にアンデット族に手を付けてみました!

実はこのデッキはアンデットを使いたかったのではなく、
スターヴ・ヴェノムを使いたいデッキになります。

フィールドに闇属性2体を揃えるにはどうしようかと考えた時、
ゾンマスでゴブゾンを蘇生して融合すれば、
損失を少なくして融合が行えると考えてアンデットで組んでみました。
またアンデット族なら、ドラゴネクロの融合召喚も狙えるので、
相性が良いと思いました。

使い勝手としては、かなり攻めのデッキになったと思います。
通常だとXモンスター1、2体で戦うところ、
融合や龍の鏡が加わると+融合モンスター1、2体になるので、
短期決戦が可能なデッキだと思います。

ただ相手のバックを全然考えていないので、
ツインツイスターとか採用しても良いかもしれませんね。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.134 氷結カエル

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第134回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【氷結カエル】
氷結カエル

上級モンスター 0枚 (0種類)
なし

下級モンスター 21枚 (8種類)
氷結界の軍師 3
氷結界の守護陣 2
氷結界の水影 2
氷結界の伝道師 3
鬼ガエル 3
魔知ガエル 3
粋カエル 2
サイレント・アングラー 3

魔法カード 13枚 (7種類)
ハーピィの羽根帚 1
ブラック・ホール 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
氷結界の紋章 3
浮上 3
サルベージ 3

罠カード 6枚 (3種類)
安全地帯 1
デモンズ・チェーン 2
リビングデッドの呼び声 3

エクストラデッキ 15枚 (14種類)
鳥銃士カステル 1
バハムート・シャーク 1
No.37 希望織竜スパイダー・シャーク 1
No.101 S・H・Ark Knight 1
餅カエル 2
神騎セイントレア 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
スクラップ・ドラゴン 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
月華竜 ブラック・ローズ 1
氷結界の龍 グングニール 1
氷結界の虎王ドゥローレン 1
瑚之龍 1
獣神ヴァルカン 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【氷結カエル】とは、「氷結界」と「ガエル」を組み合わせたデッキになります。
氷結界の軍師による手札入れ替え、
鬼ガエルによる墓地肥やしを行いつつ、
氷結界の伝道師や浮上を利用して、
S召喚、X召喚で戦うのが狙いです。
また粋カエルやバハムート・シャーク等を利用して、
餅カエルで相手の行動を妨害します。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

氷結界の軍師
 「氷結界」モンスターをコストに1ドロー出来る「氷結界」。
 まともな効果を持つ「氷結界」がこれくらいしかいない。

氷結界の守護陣
 「氷結界」のレベル3チューナー。
 水族の為、浮上可能。
 効果は使わない。

氷結界の水影
 「氷結界」のレベル2チューナー。
 水族の為、浮上可能。
 効果はたまに使う。

氷結界の伝道師
 自分フィールドに「氷結界」がいる時、特殊召喚が可能で、
 自身をリリースして墓地の「氷結界」を蘇生する「氷結界」。
 水族の為、浮上可能。
 特殊召喚するのにレベル指定がないので、
 ドゥローレンやグングニールも蘇生出来る上、
 ドゥローレンならば、リビデやデモチェの使い回しも可能。
 餅カエルのX召喚にも使える。

鬼ガエル
 水属性をコストに特殊召喚が可能で、
 レベル2以下の水属性・水族を落とす事が出来る「ガエル」。
 浮上と粋カエルと併用して、
 餅カエルのX召喚に重宝する。

魔知ガエル
 墓地に送られた時に、
 「ガエル」をサーチ・回収出来る「ガエル」。
 このデッキに重要な鬼ガエルをサーチ出来る。
 ただ何やかんやでコスト要因。

粋カエル
 墓地の「ガエル」を除外して蘇生出来るモンスター。
 レベル2・水族の為、餅カエルのX召喚に重宝する。
 基本は鬼ガエルで落としていく。

サイレント・アングラー
 自分フィールドに水属性がいる時、
 特殊召喚出来るモンスター。
 S召喚、X召喚共に重宝する。
 攻撃力800の水属性の為、
 サルベージで回収も可能。

浮上
 墓地のレベル3以下の魚族・海竜族・水族を蘇生する魔法カード。
 殆どのモンスターが条件を満たしているので採用。
 S召喚、X召喚に役立つ。

サルベージ
 攻撃力1500以下の水属性を2体回収する魔法カード。
 軍師以外は全て条件を満たしているので採用。
 サイレント・アングラーによるS召喚や、
 鬼ガエルの特殊召喚に役立つ。

安全地帯
 対象モンスターを破壊から守りつつ、
 戦闘・効果の対象に出来なくする永続罠。
 餅カエルも守ったり、
 ドゥローレンで除去として使ったり出来る。

デモンズ・チェーン
 対象モンスターの攻撃と効果を封じる永続罠。
 単純に相手の妨害として使え、
 ドゥローレンで使い回しが可能。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

マジック・プランターの採用
 永続罠をコストに2ドローする魔法カード。
 永続罠が多めなので採用圏内。
 ドゥローレンで使い回しが出来ない場合はこちらの方が良い。

強欲なウツボの採用
 手札の水属性2体ををデッキに戻して3ドローする魔法カード。
 デッキのモンスターが全て水属性なので採用圏内。
 サルベージを使用後なら確定で発動可能。

貫ガエルの採用
 直接攻撃が可能で、
 直接攻撃時に別の「ガエル」がいる場合、
 相手の魔法・罠を1枚破壊出来る「ガエル」。
 割とお手軽に相手のバックを除去が狙える。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
皆様お久しぶりです!
もう最近の停滞っぷりがヒドイですね・・・。

今回はこの前追加された餅カエルを使うデッキを作ってみました。
そしてその結果、まさかの「氷結界」とコラボする事になりました!

「氷結界」自体はあまりパワーを持たないカテゴリですが、
軍師の手札交換や伝道師の入れ替え効果、
更に紋章によるサーチが利くので、
意外と使いやすいカテゴリだと思います。

しかし単体ではパワーが弱いので、
「ガエル」の力を借りる事によって、
かなりのパワーアップが出来ました!

使い勝手としては、やはり餅カエルがかなり強力
普通にX召喚するだけでなく、
バハシャからでも特殊召喚出来るのが本当に強い

そして餅カエルの強いとこは、
効果を無効にするだけでなく、
こちらのフィールドにセットできるという事。
そんな事されては相手も安易にカードを発動出来ないので、
かなりの拘束力のあるカードだと感じました!

最近かなり更新が停滞していましたが、
最近デッキを5個ほど作ったので、
暫くは更新できると思います。

今後登場するデッキに乞うご期待!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.133 音響ABC

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第133回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【音響ABC】

上級モンスター 3枚 (1種類)
音響戦士マイクス 3

下級モンスター 19枚 (7種類)
音響戦士ギータス 3
音響戦士サイザス 3
音響戦士ピアーノ 3
A-アサルト・コア 3
B-バスター・ドレイク 3
C-クラッシュ・ワイバーン 1
強化支援メカ・ヘビーアーマー 3

魔法カード 14枚 (8種類)
ハーピィの羽根帚 1
ブラック・ホール 1
おろかな埋葬 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
ユニオン格納庫 3
テラ・フォーミング 3
アイアンコール 3

罠カード 4枚 (2種類)
貪欲な瓶 1
リビングデッドの呼び声 3

エクストラデッキ 15枚 (14種類)
ABC-ドラゴン・バスター 2
氷結界の龍 トリシューラ 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
閃珖竜 スターダスト 1
月華竜 ブラック・ローズ 1
妖精竜 エンシェント 1
ライトロード・アーク ミカエル 1
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン 1
瑚之龍 1
獣神ヴァルカン 1
ギアギガントX 1
鳥銃士カステル 1
虚空海竜リヴァイエール 1
幻影騎士団ブレイクソード 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【音響ABC】は、「音響戦士」とユニオンである「ABC」を組み合わせたデッキになります。
A-アサルト・コアやB-バスター・ドレイクはS召喚でも効果を発動できるので、
音響戦士ギータスでチューナーを確保して、
S召喚を行いつつ、ユニオンのサーチ、回収を狙います。
またS召喚をより狙いやすくする為、
アイアンコールやリビングデッドの呼び声も採用しています。

【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

音響戦士マイクス
 除外されている「音響戦士」を手札に戻すP効果と、
 召喚権を1回増やす効果を持つ「音響戦士」Pモンスター。
 サイザスの使い回しやP召喚に役立つ。

音響戦士ギータス
 このデッキの要。
 手札1枚でデッキから「音響戦士」を特殊召喚するP効果と、
 召喚時に墓地の「音響戦士」を特殊召喚する効果を持つ「音響戦士」Pモンスター。
 このカードやサイザス、アイアンコールなどでチューナーを確保して、
 アサルト・コアやバスター・ドレイクとS召喚するのが狙い。

音響戦士サイザス
 墓地から除外して除外されている「音響戦士」を特殊召喚する効果と、 
 リバース時に「音響戦士」をサーチする効果を持つ「音響戦士」。
 ギータスとチューナーの確保に使用。

音響戦士ピアーノ
 「音響戦士」の種族を変えられる「音響戦士」チューナー。
 効果自体には特に価値は無いが、
 レベル3チューナーなので採用。

A-アサルト・コア
 フィールドから墓地へ送られると、
 墓地のユニオンを回収出来るユニオン。
 効果はS召喚に使用しても発動可能な為、
 ギータスやアイアンコールでチューナーを確保して、
 S召喚に繋げるのが理想。 

B-バスター・ドレイク
 フィールドから墓地へ送られると、
 デッキからユニオンをサーチ出来るユニオン。
 アサルト・コア同様S召喚でも効果が発動可能なので、
 ギータスやアイアンコールでチューナーを確保して、
 S召喚に繋げるのが理想。  

C-クラッシュ・ワイバーン
 フィールドから墓地へ送られると、
 手札からユニオンを特殊召喚出来るユニオン。
 正直このデッキにはあまり要らないが、
 ABCの為に採用。

強化支援メカ・ヘビーアーマー
 召喚時に墓地のユニオンを特殊召喚出来るユニオン。
 アサルト・コア、バスター・ドレイクの使い回しが狙える。
 またヘビーアーマーも特殊召喚出来るので、
 ランク3のX召喚も可能になる。

ユニオン格納庫
 発動時に光属性・ユニオンをサーチ出来るフィールド魔法。
 アサルト・コアやバスター・ドレイクなどがサーチ可能。
 またデッキから装備させる効果を使えば、
 1度にサーチと回収も狙える。

アイアンコール
 自分フィールドに機械族がいる時、
 墓地のレベル4以下の機械族を特殊召喚する魔法カード。
 アサルト・コア、バスター・ドレイクの使い回しや、
 チューナーの確保に利用出来る。
 ギータスを利用すれば、召喚せずにSorX召喚が狙える。

貪欲な瓶
 墓地のカード5枚を戻して1ドローする罠カード。
 2枚目の貪欲な壺であり、
 ユニオン格納庫などの強力な魔法カードも戻せるのが強み。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

音響戦士ピアーノの採用
 「音響戦士」の属性を変えられる「音響戦士」チューナー。
 レベル2の為、獣神ヴァルカンが作りやすくなり、
 ユニオン格納庫やリビデを使い回しが狙える。

トルクチューン・ギアの採用
 装備されている時、チューナーとして扱えるユニオンチューナー。
 光属性・機械族の為、ユニオン格納庫でサーチ可能であり、
 ユニオン格納庫の効果で装備させる事も可能。

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンの採用
 攻撃力1500以下のPモンスターをサーチ出来るPモンスター。
 このデッキにはギータスの存在が欠かせないので、
 サイザスと共にサーチを狙う。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
説明が遅くなり申し訳ございません。
最近開幕謝罪が多いなぁ・・・・。

今回は「音響戦士」と「ABC」を組み合わせました。
【音響ABC】が大会で入賞している実績もあるデッキですが
私の場合、大会よりの構成ではなく、
自分好みのS召喚に特化した形のデッキに仕上げました。

AとBが回収とサーチなので、
墓地も送れるギータスによるS召喚が1番だと思いました。
しかもみんな機械族なので、
アイアンコールというとっても便利な蘇生カードがあるので、
簡単にデッキを組む事が出来ました。

強さはやはり大会入賞出来るぐらいなので申し分無し。
特に自分のはS召喚に特化しているので、
ガンガン展開出来るのがまた楽しいです。

てか、本当に「音響戦士」の便利さが半端ない
「音響戦士」を使ったデッキならば、まだまだ紹介できますが、
流石に「音響戦士」デッキばっかり紹介しても良くないので自重します。

今回デッキ画像が無いのは、ADSを更新出来なかったからです。
もしかしたら暫くはデッキ画像無しで紹介すると思います。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.65.5 ライトレイサイバー Ver.2

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第65回目に紹介した【ライトレイサイバー】リメイク版です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【ライトレイサイバー ver.2】
ライトレイサイバー

上級モンスター 14枚(5種類)
ライトレイ・ソーサラー 3
神聖なる魂 2
サイバー・ドラゴン 3
銀河戦士 3
霊魂の護送船 3

下級モンスター 11枚(5種類)
サイバー・ドラゴン・コア 3
サイバー・ヴァリー 3
虹クリボー 3
先史遺産ゴールデン・シャトル 1
銀河の魔導師 1

魔法カード 12枚(6種類)
ハーピィの羽根帚 1
ワン・フォー・ワン 1
一時休戦 1
サイバー・リペア・プラント 3
封印の黄金櫃 3
救援光 3

罠カード 3枚(1種類)
ガード・ブロック 3

エクストラデッキ 15枚(12種類)
サイバー・エンド・ドラゴン 1
キメラテック・フォートレス・ドラゴン 1
セイクリッド・トレミスM7 2
フォトン・ストリーク・バウンサー 1
ガントレット・ウォリアー 1
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ 1
風紀宮司ノリト 1
サイバー・ドラゴン・インフィニティ 2
サイバー・ドラゴン・ノヴァ 2
No.61 ヴォルカザウルス 1
セイクリッド・プレアデス 1
シャーク・フォートレス 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【ライトレイサイバー Ver.2】は、「サイバー」を軸にして、
ライトレイ・ソーサラーを採用したデッキになります。
サイバー・ヴァリーやサイバー・ドラゴン・コアで光属性の除外を溜めて、
ライトレイ・ソーサラーの条件を満たすのが狙いです。

前回の変更点として、ランク10のX召喚を狙うのはやめて、
銀河戦士や霊魂の護送船を採用して、
よりX召喚を狙いやすくしました。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【カードの変更点】
ここの項目では前回採用していたカードと今回新たに採用したカードを紹介します。

OUT 18枚(9種類)
サイバー・エルタニン 3
トラゴエディア 2
サイバー・ドラゴン・ドライ 1
大嵐 1
死者蘇生 1
精神操作 1
アドバンスドロー 3
ギャラクシー・クィーンズ・ライト 3
メタル・リフレクト・スライム 3

IN 18枚(9種類)
神聖なる魂 1
銀河戦士 3
霊魂の護送船 3
銀河の魔導師 1
虹クリボー 3
ハーピィの羽根帚 1
一時休戦 1
封印の黄金櫃 2
救援光 3

《気になったカードを友遊カードで探す》


【変更したカードの役割】
銀河戦士
 手札の光属性をコストに特殊召喚が出来る「ギャラクシー」モンスター。
 また特殊召喚時に「ギャラクシー」モンスターをサーチ出来る。
 サーチすればアド損なく特殊召喚が出来る上、
 神聖なる魂や霊魂の護送船のコストも確保可能。
 コアを墓地へ送れるのも良い点。
 光属性・機械族の為、ノヴァやプレアデスのX召喚に使える。

霊魂の護送船
 墓地の光属性を除外して特殊召喚するモンスター。
 光属性の除外を溜めつつ、
 ランク5のX召喚を狙う事が出来る。
 またこのカードとヴァリーでライトレイ・ソーサラーの条件を満たせる。
 光属性の為、プレアデスのX召喚が可能。
 機械族だったら完璧だった。

銀河の魔導師
 自身をリリースして「ギャラクシー」カードをサーチする「ギャラクシー」モンスター。
 完全なる銀河戦士サーチ用

虹クリボー
 相手の攻撃に反応するモンスター。
 特に墓地から特殊召喚する効果は、
 離れる際は除外されるので、
 光属性の除外を溜める事が可能。
 銀河戦士のコストとしても優秀。

一時休戦
 お互い1ドローし、次ターンまでダメージを0にする魔法カード。
 採用理由はガード・ブロックと同じ。
 ガード・ブロックの採用理由は前回参照。

封印の黄金櫃
 デッキのカード1枚を2ターン後に加えられる魔法カード。
 能動的に光属性の除外を増やす事が出来る。
 あの頃は制限だったが、
 今は解除されたのでフル投入。
 救援光と併用すれば擬似サーチが可能。

救援光
 除外されている光属性を回収出来る魔法カード。
 神聖なる魂や霊魂の護送船で除外したモンスターを、
 回収する事が出来る。
 また封印の黄金櫃で擬似サーチが可能。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
約2年前のデッキをリメイクしました!
カードプールや制限がかなり変わっているので、
デッキ内容もガラリと変わりました!

このデッキの1番の変更点と言うと、
やはり銀河戦士が加わった事
このカードが加わった事により、
X召喚は勿論の事、
ヴァリーの対象がかなり確保しやすくなりました。

またプレイングも少し変わりました
基本的にコアは召喚して使うものだったのですが、
銀河戦士の採用によって、
コストとして使う事の方が多くなりました。
コアを召喚した後にどうするか悩むくらいなら、
コストとして使ってしまうのが一番だと思いました。

またインフィニティの登場もデカイ
インフィニティの強力な効果によって、
相手を征圧する事が多くなりました。

あと個人的に気に入っている部分として、
ノヴァをインフィニティの経由だけでなく、
ちゃんとに効果を使う意味があるのが、
このデッキの良い点

最近、新デッキの紹介が少ないですが、
リメイクデッキがかなり溜まってるので、
ちょいちょい消化していこうと思います。

今回はこれで終わります。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

PAGE TOP