【友遊カード】遊戯王デッキ考察ブログ

遊戯王専門通販サイトの友遊カードです! こちらのブログでは、  遊戯王カードのユニークなデッキの紹介していきます。

EXTREME FORCE 販売開始!

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

本日より発売の《EXTREME FORCE》が、
友遊カード追加されました!

EXFO
《友遊カードを覗いてみる》

《EXTREME FORCE》で新たに追加されたカテゴリ、
リバースで構成された「ティンダングル」
縦列を操るサイキック「ジャックナイツ」
魔力カウンターで戦うPモンスターの「魔導獣」
この3種類が追加されました。

他にも「ヴァレット」「星遺物」「オルターガイスト」などの、
既存のカテゴリも強化されました。

そして使いやすいアンダークロックテイカー副話術士クララ&ルーシカ
強力な効果を持つ鎖龍蛇-スカルデットなどのリンクモンスターも登場しました。

強力なカード、面白いカードが揃った《EXTREME FORCE》
是非友遊カードでのご購入をお願い致します!

それでは今回はこれでおしまいです。
ありがとうございました!

《友遊カードを覗いてみる》

スポンサーサイト

PageTop

デッキNo.162 LV9捕食植物

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第162回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【LV9捕食植物】

上級モンスター 6枚 (2種類)
捕食植物バンクシアオーガ 3
ギガプラント 3

下級モンスター 19枚 (7種類)
捕食植物オフリス・スコーピオ 3
捕食植物サンデウ・キンジー 3
捕食植物セラセニアント 3
捕食植物コーディセップス 3
捕食植物ダーリング・コブラ 1
ローンファイア・ブロッサム 3
夜薔薇の騎士 3

魔法カード 12枚 (8種類)
ハーピィの羽根帚 1
おろかな埋葬 1
増援 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 2
置換融合 1
融合再生機構 2
捕食接ぎ木 3

罠カード 3枚 (1種類)
リビングデッドの呼び声 3

エクストラデッキ 15枚 (11種類)
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン 2
捕食植物キメラフレシア 2
真竜皇V.F.D. 1
幻子力空母エンタープラズニル 1
セイクリッド・トレミスM7 1
永遠の淑女 ベアトリーチェ 1
ガントレット・シューター 1
灼銀の機竜 2
浮鵺城 2
瑚之龍 1
スターダスト・チャージ・ウォリアー 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【LV9捕食植物】は捕食植物オフリス・スコーピオを利用して、
レベル9のS召喚を狙うデッキになります。
捕食植物オフリス・スコーピオで捕食植物バンクシアオーガを特殊召喚すれば、
すぐさまレベル9のS召喚に繋げる事が可能となります。
また、捕食植物サンデウ・キンジーを特殊召喚すれば融合召喚も可能となり、
S召喚と融合召喚の2種類を使い分けて戦います。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

捕食植物バンクシアオーガ
 唯一の「捕食植物」チューナー。
 オフリクスで特殊召喚すれば、レベル9のS召喚に繋げられる。
 ギガプラントで特殊召喚すれば、ランク6のX召喚も可能。
 効果は残念ながら使えない

ギガプラント
 デュアルすれば、手札・墓地の植物・昆虫族を特殊召喚できるデュアルモンスター。
 夜薔薇からロンファ、そしてロンファからこのカードに繋げば、
 レベル9のS召喚に繋げられる。
 リビデ等を利用すれば、デュアル召喚も可能。

捕食植物オフリス・スコーピオ
 このデッキの要。
 手札のモンスター1枚をコストに、デッキから「捕食植物」を特殊召喚する「捕食植物」。
 バンクシアオーガならS召喚、サンデウキンジーなら融合召喚に繋げられる。
 最初はダーリングコブラを特殊召喚して、融合再生機構をサーチしておくとよい。

捕食植物サンデウ・キンジー
 このモンスターを使えば、融合なしで闇属性の融合召喚が出来る「捕食植物」。
 オフリクス等で確保すれば、すぐさま融合召喚が可能。
 また捕食カウンターが乗っている相手モンスターを融合素材に出来るが、
 捕食カウンターを乗せられるカードは入っていない

捕食植物セラセニアント
 相手の直接攻撃宣言時に特殊召喚でき、
 戦闘を行ったモンスターを破壊する「捕食植物」。
 守りとして十分優秀な効果を備えている。
 また「プレデター」カードをサーチすることが可能なので、
 このデッキの要であるオフリクスの確保にも役立つ。

捕食植物コーディセップス
 スタンバイ時に墓地から除外して、
 墓地から「捕食植物」を2体特殊召喚する「捕食植物」。
 融合再生機構がある時に、サンデウキンジーとセラセニアントを特殊召喚すれば、
 そのまま融合召喚に繋げられるだけでなく、
 「プレデター」カードサーチ&セラセニアント回収と、
 大きくアドバンテージを稼ぎつつ、守りまで確保可能。

捕食植物ダーリング・コブラ
 「捕食植物」の効果で特殊召喚した場合、
 デッキから「融合」or「フュージョン」カードをサーチする「捕食植物」。
 序盤にオフリクスで特殊召喚して、融合再生機構を確保するのが目的。
 手札に来た場合は、墓地に送りつつ、
 コーディセップスの効果で特殊召喚しよう。

ローンファイア・ブロッサム
 植物族をリリースして、デッキから植物族を特殊召喚するモンスター。
 このデッキの要であるオフリクスの確保に必要。
 また、夜薔薇+このカードからギガプランを特殊召喚すれば、
 レベル9のS召喚に繋げられる。

夜薔薇の騎士
 召喚時にレベル4以下の植物族を特殊召喚するチューナー。
 ロンファからのギガプラントならレベル9のS召喚、
 オフリクス→バンクシアオーガならレベル6召喚からのランク6のX召喚、
 サンデウキンジーなら融合召喚と、様々な動きが可能。

置換融合
 フィールドのモンスターを融合できる魔法カード。
 「融合」として扱うので融合再生機構でサーチ可能。
 融合召喚にはサンデウキンジーで良いのであまり使わないが、
 墓地から除外して融合モンスターを戻しつつ1ドローが出来る点で採用。

融合再生機構
 手札1枚でデッキ・墓地の融合を手札に加えられ、
 エンドフェイズに融合召喚に使った1体を手札に加えられるフィールド魔法。
 融合召喚に使ったオフリクスを使い回す為に採用。
 ダーリング・コブラやキメラフレシアでサーチ可能。

捕食接ぎ木
 墓地の「捕食植物」を特殊召喚する「プレデター」装備魔法。
 オフリクスやサンデウキンジーを使い回すのに使用。
 「プレデター」カードの為、セラセニアントでサーチ可能。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

捕食生成の採用
 捕食カウンターを乗せられる「プレデター」速攻魔法。
 捕食カウンターを乗せられれば、バンクシアオーガやサンデウキンジーの
 効果を使用する事が可能になる。
 「プレデター」カードの為、セラセニアントでサーチも可能。

バオバブーンの採用
 召喚、特殊召喚時に1ドローし、手札1枚をデッキの上か下に戻せるモンスター。
 植物族の為、ロンファや夜薔薇で特殊召喚でき、
 闇属性なので融合召喚にも役立てる事が可能。
 更に手札に来てほしくないダーリングコブラなどをデッキに戻せたり、
 破壊させれるとバオバブ―ンを特殊召喚出来たり優秀な点が多い。

黒白の波動の採用
 実は入れたかったカードの1枚
 Sモンスターを素材としているXモンスターがいる時、
 フィールドのカード1枚除外+1ドロー出来る速攻魔法。
 浮鵺城や夜薔薇+オフリクス+バンクシアの流れをすれば発動可能。
 ただしやはり安定性の問題で採用を見送りに。。。。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
自己流の捕食植物を組んでみました。
形としては結構気に入っています。

このデッキ捕食植物とは名乗っていますが、
実は灼銀の機竜を使いたくて組んだデッキになります。
レベル9をどう作るのが簡単か考えた結果、
オフリクスを使うのが1番と考え、
その流れで捕食植物中心にデッキを組んでみました。

使い勝手としては、中々安定している感じ
大量展開は出来ませんが、1体のパワーが高く、
守りも一応機能している為、しっかり戦えるデッキになっていると思います。

前回の【リンク植物】に続いて、またもや植物族のデッキ。
別に狙ったわけではないですが、作ったのはほぼ同時でした。
まぁ二つとも前から考えていたデッキだったので、
たまたま時期がかぶっちゃっただけです。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.161 リンク植物

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第161回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【リンク植物】

上級モンスター 1枚 (1種類)
BF-朧影のゴウフウ 1

下級モンスター 20枚 (9種類)
ローンファイア・ブロッサム 3
ダンディライオン 2
グローアップ・バルブ 1
スポーア 1
マスマティシャン 3
クレーンクレーン 3
ミミミック 3
六武衆のご隠居 3
EMディスカバー・ヒッポ 1

魔法カード 16枚 (8種類)
ハーピィの羽根帚 1
おろかな埋葬 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 2
紫炎の狼煙 2
増草剤 3
超カバーカーニバル 3
精神操作 3

罠カード 3枚 (1種類)
リビングデッドの呼び声 3

エクストラデッキ 15枚 (11種類)
ファイアウォール・ドラゴン 2
ヴァレルロード・ドラゴン 1
電影の騎士ガイアセイバー 1
コード・トーカー 2
ミセス・レディエント 1
プロキシー・ドラゴン 1
リンクリボー 1
リンク・スパイダー 1
メリアスの木霊 3
スクラップ・ドラゴン 1
フォーミュラ・シンクロン 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【リンク植物】はダンディライオンを利用して、
リンク召喚で戦うデッキとなります。
メリアスの木霊を利用してダンディライオンを使い回しつつ、
トークンを生み出して、そのトークンを使い、リンク召喚を行うのが狙いです。
ダンディライオンを確保する為のローンファイア・ブロッサムや増草剤、
メリアスの木霊をX召喚する為にミミミックや超カバーカーニバルを採用。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

BF-朧影のゴウフウ
 自分フィールドにモンスターがいない時、特殊召喚でき、
 その時、2体のトークンを生み出す「BF」チューナー。
 このモンスター1体でリンク3のリンク召喚まで可能。
 このトークンはリリースできないので、リンクリボーの効果には使えない

ローンファイア・ブロッサム
 植物族をリリースして、デッキから植物族を特殊召喚するモンスター。
 このデッキの要であるダンディを確保するために採用。
 綿毛トークンを利用して効果を使用すれば、
 高リンクのリンク召喚も可能。

ダンディライオン
 このデッキの要
 墓地に送られるとトークンを生み出すモンスター。
 メリアス、増草剤、リビデ等で使い回して、
 トークンを利用ながらリンク召喚を行う。
 ターン制限が無いのが本当に強力

グローアップ・バルブ
 デッキトップを墓地に送って、墓地から特殊召喚するチューナー。
 チューナーとしてではなく、モンスター確保の為に採用。
 ロンファやマスマテを利用すればすぐに確保可能。
 S召喚にはほとんど使用しない

スポーア
 墓地の植物族を除外して、除外した植物族のレベル分上げつつ、
 墓地から特殊召喚するチューナー。
 こちらもチューナーとしてではなく、モンスター確保の為に採用。
 バルブ同様、ロンファやマスマテで確保可能。
 やっぱりS召喚にはほぼ使用しない

マスマティシャン
 デッキからレベル4以下のモンスターを墓地に落とすモンスター。
 ダンディやバルブを落とすのが仕事。
 召喚後はミミミックやご隠居でメリアスに繋いで、
 ダンディのトークンを利用しながら、リンク召喚にまで行う。
 戦闘破壊時のドローも有りがたい。

クレーンクレーン
 墓地のレベル3を釣り上げるモンスター。
 ダンディを釣り上げメリアスをX召喚、ダンディを外してダンディを蘇生すれば、
 メリアス、ダンディ、トークン×2という状況になり、
 そこからリンク召喚に繋げられる。

ミミミック
 相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにレベル3がいる時、
 手札から特殊召喚できるモンスター。
 メリアスのX召喚の為に採用。

六武衆のご隠居
 相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターがいない時、
 手札から特殊召喚できる「六武衆」。
 ミミミック同様、メリアスのX召喚の為に採用。
 こちらは出しにくい代わりにサーチが可能。

増草剤
 召喚権を使って手札・墓地の植物族を特殊召喚できる永続魔法。
 デッキの要であるダンディの確保に使用。
 墓地から蘇生した場合、そのモンスターが離れるとこのカードは破壊されるが、
 X召喚に使うと離れた判定ならない為、また使用する事が可能。

超カバーカーニバル
 手札・デッキ・墓地からディスカバー・ヒッポを特殊召喚する速攻魔法。
 ミミミック、ご隠居と同様、メリアスのX召喚の為に採用。
 上記の2体に比べて条件が無いので、かなり使いやすいが、
 たまにヒッポが手札に来て邪魔してくるのが難点。
 あとトークンは生み出す必要はない。

精神操作
 相手モンスターを1ターンだけ奪う魔法カード。
 攻撃もリリースも出来ないが、リンク召喚に使用できる為、
 リンクモンスターを確保しつつ、相手モンスターを除去する事が可能。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

ギガプラントの採用
 手札・墓地の植物族を特殊召喚できるデュアルモンスター。
 リビデを利用すれば、ノーコストでダンディやロンファを確保出来る。
 デュアルモンスターの為、効果使用に一手間必要なのが難点。

スケープ・ゴートの採用
 召喚、反転、特殊召喚できない代わりにトークンを4体生み出す速攻魔法。
 相手ターンに発動すれば、守りにもなり、
 次ターンで展開も可能。
 ゴウフウやご隠居と相性が悪いので注意。

レプティレス・ヴァースキの採用
 守備力0を2体リリースして特殊召喚でき、
 相手の表側モンスターを破壊出来る「レプティレス」モンスター。
 決定打に欠けるこのデッキの火力UPが可能。
 このカードを採用するならば、上のスケゴも採用推奨。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
とうとうリンクモンスターメインのデッキを組みました。
割と早くこの時が来たなぁ。。。。

このデッキはダンディを使い回して、トークンを利用し、
リンク召喚を使用というデッキなのですが、
このデッキで一番やりたいことを説明しておきます。

ダンディ+地属性・レベル3でメリアスをX召喚
(マスマテでダンディ落としでもOK)

ダンディ外して、ダンディ特殊召喚し、トークン2体生成

メリアス+ダンディでコード・トーカーをL召喚&トークン2体生成

トークン4体でファイアウォール・ドラゴンをL召喚

この流れによりタイミングフリーのバウンス持ちファイアウォールが誕生!
と、いう事がやりたかったことです。
しかもうまくいけば、ファイアウォールの隣にリンクリボーがいたりします。
更にゴウフウやリビデ等が絡めば、
相互リンク状態のファイアウォール2体という状況も・・・!
うーむ、ダンディ様様!

因みにこのデッキは【リンクダンディ】という名前にしようかと思ったのですが、
今ダンディというとSPYRAL-ダンディを想像すると思ったのでこの名前にしました。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

デッキNo.160 音響LS

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第160回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【音響LS】

上級モンスター 1枚 (1種類)
BF-朧影のゴウフウ 1

下級モンスター 26枚 (11種類)
音響戦士サイザス 3
音響戦士ギータス 3
音響戦士ベーシス 3
SRタケトンボーグ 3
SRベイゴマックス 1
切れぎみ隊長 3
クリッター 3
チューニング・サポーター 3
ダンディライオン 2
グローアップ・バルブ 1
アンノウン・シンクロン 1

魔法カード 10枚 (7種類)
ハーピィの羽根帚 1
ワン・フォー・ワン 1
おろかな埋葬 1
増援 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 2
ワンチャン!? 3

罠カード 3枚 (1種類)
リビングデッドの呼び声 3

エクストラデッキ 15枚 (15種類)
氷結界の龍 トリシューラ 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
スクラップ・ドラゴン 1
PSYフレームロード・Ω 1
PSYフレームロード・Z 1
月華竜 ブラック・ローズ 1
瑚之龍 1
スターダスト・チャージ・ウォリアー 1
獣神ヴァルカン 1
超重剣聖ムサ-C 1
フォーミュラ・シンクロン 1
ファイアウォール・ドラゴン 1
ミセス・レディエント 1
コード・トーカー 1
リンクリボー 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【音響LS】は、音響戦士ギータスを主軸として、
リンク召喚を行いつつ、S召喚で展開して戦うデッキになります。
音響戦士ギータスや音響戦士サイザスでチューナーを確保して、
切れぎみ隊長やダンディライオンを利用して多くの素材を確保して、
リンク召喚やS召喚に役立てるのが狙いです。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

BF-朧影のゴウフウ
 自分フィールドにモンスターがいない時、特殊召喚できる「BF」チューナー。
 その後に特殊召喚するトークンがレベル1なので、
 ワンチャンの発動条件が満たせる上、
 S召喚にまで繋げる事が可能。

音響戦士サイザス
 リバース時に「音響戦士」をサーチして、
 墓地除外で除外されている「音響戦士」を特殊召喚する「音響戦士」。
 ギータスをサーチするのも役割だが、
 ギータスから特殊召喚できる非チューナーとして採用。

音響戦士ギータス
 手札1枚でデッキから「音響戦士」を特殊召喚する「音響戦士」Pモンスター。
 効果でベーシスを特殊召喚すれば、
 ワンチャンの発動条件を満たせる上、
 そのままS召喚に繋げる事が可能。
 また召喚時の「音響戦士」を釣り上げる効果でも
 S召喚に繋げられる。 

音響戦士ベーシス
 手札の枚数だけレベルを上げられる「音響戦士」チューナー。
 ギータスやサイザスで特殊召喚すれば、
 ワンチャンの発動条件を満たす事が可能。
 レベルアップ効果はサイザスの事を考えると、
 出来るだけ墓地から発動させる方が良い。 

SRタケトンボーグ
 風属性がいる時、特殊召喚できる「SR」。
 「音響戦士」と綿毛トークンが風属性なので、
 特殊召喚しやすい。
 特殊召喚後はLorS召喚に。

SRベイゴマックス
 自分フィールドにモンスターがいない時、特殊召喚でき、
 召喚・特殊召喚時に「SR」をサーチ出来る「SR」。
 簡単に特殊召喚できる上、タケトンボーグをサーチすれば、
 すぐさまリンク召喚可能。
 召喚権も残っているので、その後にS召喚でも。

切れぎみ隊長
 召喚時にレベル4以下を効果無効で蘇生出来るモンスター。
 召喚すれば、リンク召喚まで繋げられる。
 特にクリッターやダンディを蘇生すれば、
 効果が発動するのでお得。
 レベル1の為、ワンチャンでサーチ可能。

クリッター
 フィールドから墓地に送られると攻撃力1500以下をサーチ出来るモンスター。
 そのターン効果は使えないが、
 このデッキの核であるギータスがサーチ可能。
 その他のモンスターも全て攻撃力1500以下なので、
 次ターンの備える事が出来る。 

チューニング・サポーター
 S召喚する際にレベル2として扱う事も出来る上、
 S素材に使うと1ドロー出来るモンスター。
 レベルを使い分けられるので、
 幅広いS召喚に使用可能。 
 レベル1の為、ワンチャンでサーチ可能。

ダンディライオン
 墓地に送られるとトークンを2体生み出すモンスター。
 緩い条件でトークンを生み出す事が出来る上、
 トークンがレベル1の為、ワンチャンの条件を満たせる。
 リンク召喚後にトークンを残せるのが優秀。

グローアップ・バルブ
 デッキトップを送って墓地から特殊召喚するチューナー。
 召喚権を使わずにレベル1を確保できるので、
 そのままワンチャンに繋げる事が可能。

アンノウン・シンクロン
 相手にのみモンスターがいる時、特殊召喚できる「シンクロン」チューナー。
 お手軽にワンチャンの条件を満たせる。

ワンチャン!?
 フィールドにレベル1がいる時、デッキからレベル1をサーチする魔法カード。
 ギータスでレベル1を確保してこのカードを発動すれば、
 召喚権を残してレベル1をサーチする事が可能。
 サーチしたモンスターを召喚しないと酷いことになるので注意

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンの採用
 エンドフェイズ時に破壊してデッキから攻撃力1500以下のPモンスターをサーチ出来る
 「オッドアイズ」Pモンスター。
 キーカードであるギータスをサーチ可能。
 融合徴兵を採用すれば、クリッターと共にサーチ可能になる。

音響戦士マイクスの採用
 除外されている「音響戦士」を回収するP効果と、
 召喚権を1回増やす効果を持つ「音響戦士」Pモンスター。
 効果で召喚権を増やせば展開できるだけではなく、
 レベル1召喚→ワンチャン→レベル1召喚という芸当も可能。
 
音響戦士ピアーノの採用
 「音響戦士」の属性を変えられる「音響戦士」チューナー。
 属性を変更すればミセスのリンク召喚が可能。
 ただ他の使い道は無さそう

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
半年ぶりに音響の手を借りました。
音響は使い勝手が良すぎて逆に困りますねぇ。。。。

今回はギータスを主軸として、リンク召喚で行いつつ、
S召喚で展開していくデッキになります。
その為に使用したのが、召喚権を使わずにモンスターを確保出来るギータスや、
トークンを生み出すダンディ、釣り上げ効果である切れぎみ隊長を採用しました。

使い勝手としては、正直ギータス次第
ギータスをサーチ出来るようにしてはいますが、
来ない時は来ない。
そして来ないと結構しんどい。
ただギータスが来てくれれば結構動く事が出来るので、
1キルに近い展開も出来たり。

このデッキで気になっていることといえば、
エクストラデッキがこれで良いのか微妙
ただそれ以上にデッキ名が適当
しっくりくるのが思いつかなかったんです。。。。
因みに【音響LS】のLSはL=リンク召喚、S=シンクロ召喚です。

あとこのデッキは地味に新制限です。
貪欲2枚はありがたやー。

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》



PageTop

デッキNo.159 ガエルオトシオヤ

皆様こんにちは。
友遊カード運営チームです。

今回は第159回目のデッキ紹介です。
カードの効果を知りたい場合は、カードをクリックして頂ければ、
確認する事が出来ます。

《友遊カードを覗いてみる》

【ガエルオトシオヤ】

上級モンスター 7枚 (3種類)
タツノオトシオヤ 3
デスガエル 3
BF-朧影のゴウフウ 1

下級モンスター 15枚 (8種類)
魔知ガエル 3
鬼ガエル 3
粋カエル 2
黄泉ガエル 1
悪魂邪苦止 1
海皇の重装兵 3
海皇の狙撃兵 1
深海のディーヴァ 1

魔法カード 15枚 (7種類)
ハーピィの羽根帚 1
死者蘇生 1
貪欲な壺 1
地獄の暴走召喚 3
サルベージ 3
浮上 3
強欲なウツボ 3

罠カード 3枚 (1種類)
幽麗なる幻滝 3

エクストラデッキ 15枚 (14種類)
マスター・ボーイ 2
リンクリボー 1
No.61 ヴォルカザウルス 1
終焉の守護者アドレウス 1
シャーク・フォートレス 1
餅カエル 1
アルティマヤ・ツィオルキン 1
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン 1
邪竜星-ガイザー 1
月華竜 ブラック・ローズ 1
PSYフレームロード・Ζ 1
瑚之龍 1
A・O・J カタストル 1
HSRチャンバライダー 1

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキコンセプト】
この項目では、簡単にデッキコンセプトやデッキの動きを紹介します。

【ガエルオトシオヤ】は、「ガエル」を利用して
タツノオトシオヤを活用していくデッキになります。
黄泉ガエルや粋カエルでリリース要因を確保し、
タツノオトシオヤをアドバンス召喚してから、
トークンを使い、マスター・ボーイをリンク召喚した後、
展開していくのが狙いです。

更なる展開が出来るよう、粋カエルを暴走召喚させることにより、
S召喚やX召喚、アルティマヤ・ツィオルキンなどの、
多彩な展開が狙えるようになります。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【主なカードの役割】
ここの項目ではカード1枚1枚の役割を紹介します。
なお、必須系のカード(ハーピィの羽根帚、死者蘇生etc)の説明は省かせていただきます。

タツノオトシオヤ
 今回の主役
 自身のレベルを下げて、トークンを生み出すチューナー。
 このカードでS召喚、リンク召喚を狙う。
 アドバンス召喚は黄泉ガエルと粋カエルを利用する。

デスガエル
 召喚時に墓地の悪魂邪苦止の数だけ、
 手札・デッキからデスガエルを特殊召喚する「ガエル」。
 暴走召喚で特殊召喚するために採用。
 一応アドバンス召喚でも利用できるようにしてある。

BF-朧影のゴウフウ
 自分フィールドにモンスターがいない時に特殊召喚でき、
 その特殊召喚時に2体のトークンを生み出せる「BF」チューナー。
 ガイザーをS召喚して、ガイザーの効果でオトシオヤを特殊召喚するために採用。
 トークンはリリースできないので注意。
 あと、黄泉ガエルとは相性はよくない。

魔知ガエル
 墓地に送られたら「ガエル」をデッキ・墓地から加えられる「ガエル」。
 粋カエルや黄泉ガエルを墓地に落とせる鬼ガエルをサーチ出来る。
 攻撃制限をかけられるのも良い点。
 「デスガエル」としても扱うので、暴走召喚でデスガエルを出せる。

鬼ガエル
 水属性をコストに特殊召喚でき、
 デッキ・フィールドからレベル2以下の
 水属性モンスターを墓地に落とせる「ガエル」。
 キーカードである粋カエルや黄泉ガエルを墓地に落とせる。
 また、重装兵をコストにすれば除去も可能。
 サルベージでの使い回しも強力。

粋カエル 
 今回のキーカードその1。
 墓地の「ガエル」を除外して、墓地から特殊召喚できるモンスター。
 デスガエルとして扱うので、暴走召喚でデスガエルが出てくる。
 暴走召喚後は、オトシオヤのアドバンス召喚や、
 マスターボーイからのS召喚やX召喚での展開を狙う。
 因みに「ガエル」ではないのでご注意を。

黄泉ガエル
 スタンバイ時に自分フィールドに魔法・罠カードが無い時、
 墓地から特殊召喚できる「ガエル」。
 毎ターン出てくるので、リンク召喚やアドバンス召喚に役立つ。
 鬼ガエルで墓地に落とすのがベター。

悪魂邪苦止
 戦闘破壊されると悪魂邪苦止をサーチ出来るモンスター。
 1体しか入れてないのでこの効果は使えないが、
 デスガエルの召喚時効果で必要となる。
 効果を使いたいならば増やして、
 デスガエルの効果を使わないなら無くしても良い。

海皇の重装兵
 海竜族の召喚権を増やし、水属性のコストになった場合、
 表側カードを破壊出来る「海皇」。
 鬼ガエルとセットで使ってモンスター等を破壊していこう。

海皇の狙撃兵
 戦闘ダメージを与えるとデッキからレベル4以下の「海皇」を特殊召喚し、
 水属性のコストになった場合、裏側カードを破壊出来る「海皇」。
 鬼ガエルとセットで使って相手のバックを破壊していこう。

深海のディーヴァ 
 召喚時にデッキからレベル3以下の海竜族を特殊召喚するチューナー。
 このカード1枚で餅カエルになれるのが優秀。

地獄の暴走召喚
 今回のキーカードその2。
 特殊召喚した攻撃力1500以下のモンスターを暴走召喚できる速攻魔法(適当)。
 粋カエルを特殊召喚して、デスガエルを暴走召喚させるのが狙い。
 暴走召喚後はリンク召喚後にS召喚、X召喚や、
 オトシオヤのアドバンス召喚など色々な展開が可能。

サルベージ
 墓地の攻撃力1500以下の水属性2体を回収する魔法カード。
 鬼カエルやディーヴァの使い回しが可能。

浮上
 レベル3以下の魚・海竜・水族モンスターを守備で特殊召喚する魔法カード。
 展開やアドバンス召喚のリリース要因に利用可能。

強欲なウツボ
 手札の水属性2体をデッキに戻し、3ドローする魔法カード。
 あまり来てほしくないデスガエルなどをデッキに戻しつつ、
 キーカードである暴走召喚を引き当てる事が狙える。

幽麗なる幻滝
 幻竜族をサーチするか、手札の幻竜族を捨てて、
 捨てた枚数+1枚ドローする罠カード。
 オトシオヤをサーチ出来る数少ないカード。
 手札によっては入れ替えもあり。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【デッキの変更点】
この項目では、このデッキに採用できるカードを紹介します。

城塞クジラの採用
 自分フィールドの水属性2体をリリースして、
 手札・墓地から特殊召喚できるモンスター。
 打点の底上げだけでなく、「海皇」の効果を発動させるのに役立つ。
 潜海奇襲の採用は必要ない。

シー・ランサーの採用
 除外された魚・海竜・水族を装備出来るモンスター。
 攻撃力はこの効果で装備した数×1000UPする。
 粋カエルで除外した「ガエル」たちを使い回す事が可能。
 黄泉ガエル、粋カエルがいるのでアドバンス召喚も容易い。

海皇子 ネプトアビスの採用
 デッキから「海皇」を墓地に落として「海皇」カードをサーチする効果と、
 水属性のコストにされた時、墓地の「海皇」を特殊召喚する効果を持つ「海皇」。
 コストで重装兵を落とせば、除去として使用する事が出来る。
 レベル1・海竜族なので、ディーヴァで特殊召喚可能。

《気になったカードを友遊カードで探す》


【最後に一言】
本当にお久しぶりです。
前回の投稿が8月3日なので、
1ヶ月振りの投稿になりました。
本当に申し訳ない。。。。。

このデッキはオトシオヤを使いたくて組んだデッキなのですが、
相棒として採用されたのが「ガエル」でした。

マスター・ボーイというリンクモンスターが登場し、
これオトシオヤ1体で行けるやん!と思い、
同じ水属性である「ガエル」を採用した結果、
こんな形に仕上がりました。

使い勝手としては、暴走召喚後が気持ちいい!
色々ありますが、マスターボーイをリンク召喚した後、
餅カエル+ランク5やレベル5S+ランク5など、
強力な布陣を作り上げる事が出来ます。

場合によってはツィオルキン+餅カエルという
えげつないセットが並ぶこともしばしば。

最近あまりデッキを作れていませんが、
近々EXTRA PACK 2017が発売されるので、
その中のカードを使ったデッキを組めたらと思っています!

これでデッキ紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございました!

《気になったカードを友遊カードで探す》


PageTop

PAGE TOP